きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

絶景の漁師町

Posted on | 2006年 10月 1日 | Permalink

【漁港】
漁船が根拠地として停泊し、出漁準備や漁獲物の水揚げをする港。給油・給水・修理などの施設のほか、製氷工場・冷蔵庫・加工工場・漁具補修施設・魚市場などや輸送のための設備をもつ。
——————————————————————–

土曜日、ちょっと親類の家へおじゃましてきました。妹の旦那の実家なのですが、私のうちから車で40分くらいかな、距離にして20数キロといった所。旧平田(今は合併して事実上出雲市ですが)の日本海側にある小さな港町。ここらへん、めっちゃくちゃ秘境の地です[:あせあせ:]ここらの海岸は断崖絶壁みたいなところにぽつぽつと漁港がいくつかあるといった感じのところで、妹の旦那の実家もその中のひとつの町なのでした。だけどその景色といったら目を奪われて、危うく車ごとダイブしそうでしたよ[:撃沈:]たぶん生活するのはそれなりに苦労があるんだろうけど、街中の喧噪を忘れるとっても静かないい所です。自分は海好きだから、結構こういう所に住むのOKかも。一日中海を見ながら暮らせるのって贅沢かもなあ。でもここらへんは岩場ばかりでドンブカだし、波乗りにうってつけな波は立たないですね。残念。

海帰線―海と雲の環境写真集
海帰線―海と雲の環境写真集

関連する(かもしれない)記事

    Not Found


コメント

8 コメント - “絶景の漁師町”

  1. 土井九郎
    2007年 1月 22日 @ 08:23

    はじめまして、『海帰線』の土井九郎です。ネットで検索してたら『きまぐれ事典/絶景の漁師町』に僕の写真集が紹介されていることを知りました。ついでと言っては失礼ですが、photoもザッーとですが拝見したところ、パーソナルなところがハッキリと顕われていたので好感を持ちましたね。この、submitとかcookieに登録っていうのはサッパリ意味がわからないのですが、とりあえず送信してみます。ありがとう。

  2. TAKA
    2007年 1月 22日 @ 18:56

    土井さん、はじめまして。
    まさかご本人からメッセージをいただけるなんて光栄です。
    嬉しかったです。ありがとうございました。
    サイトの方もご覧いただいたようで。
    『海帰線』は私の大好きな写真集のひとつであります。
    ちなみに土井さんのサイトの、
    素晴らしい写真の数々、拝見させていただきました。
    ベトナムに住んでおられるのでしょうか?
    ベトナムのごちゃごちゃと雑多で、そして湿った空気感、
    とても雰囲気が良いですね。
    こういう感じ、じわじわ心にしみ込んできます。

  3. 土井九郎
    2007年 1月 24日 @ 19:44

    『夜の航海』の土井です。えっーと、僕も昔、サーフィンの写真を撮ってたことがあるんですよ、「海』じゃなくて『サーフィン』、1970年代半ばの話だから、もう30年ぐらい経つのかな。『photo』を拝見してたら、当時のことを少し思い出しましたね。

  4. TAKA
    2007年 1月 25日 @ 00:37

    またまたコメントありがとうございます。
    私のサイトの写真をご覧になって、思いにふけってくださったとは(笑)
    サーフィンの写真も撮っておられたことがあるのですか。
    30年前というと日本にサーフィンが入ってきて間もない頃ですかね。
    土井さんの撮影されたクラシカルな(といっても当時は最前線かな^^;)サーファーたち、見てみたいものです。

  5. 土井九郎
    2007年 1月 25日 @ 20:37

    1970年代半ば、海部川河口の写真はかなり撮っていますね。撮った写真はプロジェクターを使って映写会してたのだが、サーファーと僕の好みが微妙に違ってるのが面白かったな。70年代の写真もそのうち整理してみようと思ってるのですが、まだまだ先の話ですね。

  6. TAKA
    2007年 1月 25日 @ 20:57

    貴サイトでも拝見したのですが、土井さんは徳島のご出身のようですね。
    私、勘違いしていたのですが、
    日本に住んでおられるのですよね(Diary見させていただきました;笑)。
    海部といえば氣サーフボードの櫛本さんという
    超有名な方がいらっしゃるはずなのですが、
    まさか当時お写真を撮られていたのではないかと…(笑)
    いつか、その70年代サーフィンの写真を拝見したいですね。
    外国でしょうか?
    今、サイトのトップページにある写真、
    きれいな夕焼けにサーファーでしょうか。
    印象的です。

  7. 土井九郎
    2007年 1月 26日 @ 15:55

    海部には長い間行ってないし、それに僕が本名を知ってる人はわずかでしたから、わかりませんね。でも海部に入浸ってたのであれば撮ってる可能性はあると思うな。
    トップページの画像は[もう変わっていますが]フレンチ・バスクのビアリッツです。そういえば、この辺りのサーファーは、海部のことを知ってる人が何人かいましたね。

  8. TAKA
    2007年 1月 26日 @ 21:09

    フランスのビアリッツといったら大西洋側ですかね。写真拝見しましたが、良い雰囲気のところですね。そんな所で日本のサーフポイントを知る人がいるとは驚きです。
    徳島と言えば有名なポイントに生見や宍喰などもありますね。私は日本海の波にしか乗ったことないですが、いつか太平洋の大波に挑戦したいです。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

emo desk

無骨で渋めだけど木目のあたたかみがあっていいなあ。こいつは男の書斎用。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP