きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

サービス終了!?

Posted on | 2007年 2月 6日 | Permalink

【目】
[1]光の刺激を受けとる感覚器。脊椎動物では眼球・視神経からなり、外界から入った光は角膜・瞳孔・水晶体を通り硝子体を経て網膜に達し、その間に屈光体によって屈折されて網膜に像を結ぶ。頭足類や昆虫も物体の像を認めうる目をもつが、無脊椎動物には、発達段階に応じて、光の方向のみを認めるもの、明暗のみを認めるものなどがみられる。まなこ。
[2][1]に似たもの、たとえられるもの。
(1)点状のもの。
(2)縦横に交わった線によって囲まれた部分。
(3)線状のものの交わった箇所。
(4)囲碁で、石で囲んで自分の領分とした箇所。目が二つで一連の石は活(いき)となる。
(5)物の中心部にあいた穴状の箇所。
(6)細かく一列に並んだもののすきま。
(7)計量器に付けた、量を読むためのしるし。目盛り。
(8)機械で目のはたらきをするものを比喩的にいう。
[3]物を見ること。
(1)目つき。まなざし。
(2)物を見る力。視力。
(3)見ること。視線。
(4)物事を見る態度。見方。
(5)物事を見分ける力。眼力。
(6)見たときの様子。外観。
(7)ある事態に出合うこと。体験。
[4]
(1)(ア)秤(はかり)で計った量。重さ。(イ)重さの単位。匁(もんめ)。
(2)会うこと。
(3)顔。姿。
——————————————————————

普段なにげなく更新しているプライベートサイトの「EYE」(ケータイカメラによる写真日記)。これヤプースというところの無料サービスだったのですが、なんと長年ちょこちょこ続けてきたこのサービス、3月いっぱいで終了するというのです(泣)なぜに?残念でしょうがない!プライベートサイトの方ではコーナーのひとつとして公開していたのですが、なくなるとなると次はどうしようかな。自分でプログラム組もうかしら(出来ないだろうなあ…;泣)。

関連する(かもしれない)記事

    Not Found


コメント

2 コメント - “サービス終了!?”

  1. じょ?に?
    2007年 2月 7日 @ 17:12

    TAKA殿の素性を知るコーナーの一つが潰れるか( ̄Å ̄;)
    それって、無料サービスが有料になるって事じゃなくて、サービス自体が終了?…だよね。。。
    ほんにいけんかったね!
    TAKA殿の手にかかれば、PGはそげんそげん難しくないでしょ?!?自分で組んでしまーだわね!!!
    災い転じて福となす!新コーナーに期待かな♪

  2. TAKA
    2007年 2月 7日 @ 18:50

    有料化であればまだ考える余地はあったんだけど、全サービス終了だそうです(爆)
    ケータイで写メ撮って、メールに添付して送信するだけっていうお手軽さが気に入ってたんですけどね(泣)
    こういうのはじょ?に?に作ってもらった方がいいかもな(笑)!

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

TUBTRUGS

使い道いろいろあるのがいいのです。カラーもいろいろ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP