きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

携帯の機種変更

Posted on | 2007年 2月 21日 | Permalink

【携帯電話】
(1)無線を用いた,小型で持ち運びができる電話の総称。セルラー電話ともいう。
(2)デジタル方式である PHS に対し,当初はアナログ方式を用いていた小型で携帯可能な電話のこと。デジタル方式への移行後,高速通信による動画の送受信などが可能な第 3 世代(3G)の携帯電話向けのサービスが 2001 年(平成 13)10 月から開始された。
——————————————————————

携帯の機種変を考えております。私の場合、だいたい2年おきくらいの頻度で機種変更をしてきました。だいたい2年くらい経つと携帯の調子が狂ってくるとか、新しい機種のデザインや機能が気になってくるとかで、だいたいそのサイクルが私の場合、2年(笑)

ちなみに、今使用しているのはauneonというデザインケータイなのですが、11ヶ月を過ぎたところですね。neonは、infobar無印良品製品などでも有名なプロダクトデザイナー深澤直人さんが手がけたものです。デザインはなかなか良かったのですが、実際デザイナーものというのは使用する場合、使いにくかったりすることが多いみたい(汗)neonもちょっとなあ、っていう所ショージキあります。1年経ったら替えようかなと思いながらも、今、11ヶ月。気になるケータイが出てきました(笑)

WINのW51SAという機種なのですが、neonに比べて更なる進化をしている(同時リリースの機種はほとんどそうなのですが…)。デザインもわりと自分好みかな(使ったことないけどスライド型。一度は使ってみたいと思ってた)。ワンセグが見れて、PC用のサイトが見れて、さらにオサイフケータイ(たぶんこれはあまり使わないかな)でもある。メモリが1Gもあるっていうのも魅力ですね。もう1ヶ月ほど、自分の財布と価格の推移を見ながら検討したいところです。

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

4 コメント - “携帯の機種変更”

  1. D寅
    2007年 2月 21日 @ 23:40

    まぁええけん、DoCoMoにおいで。。
    オラもそろそろやなぁ。。

  2. TAKA
    2007年 2月 21日 @ 23:47

    ホントいうとドコモのケータイの方が
    カッコいい機種多いと思う…(-_-;)
    でもとりあえずauで粘ります。
    auは山に海に田舎に強し!
    いつ遭難してもいいように…(笑)

  3. じょ?に?
    2007年 2月 22日 @ 12:08

    ボタンが小さいけど大丈夫?
    ワシはスライドよりもパカパカが好きじゃね?♪
    今時の若者はスライド志向なんだろうか。。。
    ワシも目安2年で買い替えしてるけど、経験上SONYだと1年でめげてしまー事が判明!
    前回SAだったけど、タフネス携帯じゃないのにえらいタフだった☆
    幾度となくアスファルトに携帯を落とし、見た目ボロボロになりつつも、携帯の役割を果たしてくれたからね(TOT)
    同じAUユーザーとしてTotal的に判断し、W51SA購入に賛成したいと思います♪

  4. TAKA
    2007年 2月 22日 @ 13:46

    僕もよくコンクリにケータイ落としますが、
    いまだかつてそれで壊れたことはないっすね。
    SONYがダントツで弱いのかな?
    ここのところ二つ折りケータイばかりだったので、
    次はスライド式かストレート型がいいなと思ってたんだよね。
    ストレートだったらinfobar2が出るか出ないかってのも気になってたけど
    今あるヤツでいうとW51SAが一番良かったよ(^^)
    ボタンが小さいとか、スライド式だとかは
    慣れでカバーするしかないね…。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0マグカップ

フツウよりちょっといいフツウなんですよ。きっちり2本指が入るんですから。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP