きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ポラロイド アナログ写真機の極み

Posted on | 2007年 3月 1日 | Permalink

ポラロイド】:Polaroid Land Camera
撮影後即座に印画が得られるカメラの商標名。フィルム・印画紙・現像処理薬が一体となったロールまたはシートのフィルムを使い、カメラの中で現像処理が行われる。
——————————————————————

一応写真好きと称する私ですが、最近コンパクトデジカメやケータイカメラぐらいしかいじっていないことに気がつきました(汗)デジカメ、そりゃあ便利でいいですが、写真の原点はアナログ!私もアナログ感たっぷりの写真大好きですが、最近面倒臭がってデジカメに逃げてました。

そろそろ引っぱり出して使ってやりたいと思ってるのがポラロイドカメラ(実はポラロイドカメラというのは商標名なので本当はインスタントカメラと呼ぶべきですが)。私の持ってるのはSX-70っていう少々古くさいポラロイドと、SLR680っていう折りたたみ式のポラロイド。SX-70は結構希少価値あるのかな?オークションとかでもそこそこのお値段で取引きされてるみたいですし。SX-70っていうのがまたSX-70フィルムっていう専用のフィルムを使わなければいけないんですが、このフィルムすんごい良い色を出してくれるのですよ。なんというかノスタルジックというか、ちょっと昔の写真の感じ。精細さには欠けますが、この愛しい時間を閉じ込めました、っていうこの感じはSX-70にしか出せないだろうなあ。ショックなことにSX-70フィルムはもう生産されていないらしいです(涙)買いだめしといたら良かった。

しかしまあSLR680も負けてはいません。こちらは600フィルムというのが現行で生産されておりますので現役でばしばし撮れます。このカメラも実はSX-70の血統を受け継いでいる機種で、SLRシリーズの現行機種はSLR690です。なのでSLR680はちょっとマニアックというか、中途半端というか…(笑)でもシブい写真撮れます。超音波AF付きですし、露出補正もできます。ということで、本日はマニアックなポラロイドカメラ講座でした(笑)

SLR680による習作

関連する(かもしれない)記事

    Not Found


コメント

5 コメント - “ポラロイド アナログ写真機の極み”


  1. 2007年 3月 1日 @ 22:57

    で、尾道撮影はいつ?

  2. TAKA
    2007年 3月 1日 @ 23:07

    >Dさん
    今日はお名前短縮形ですか…(笑)
    尾道は6年くらい前に行ったきりかな。
    その時はGR-1sというカメラにて黒白フィルム使いました。
    自分のサイトの方に置いてるヤツですわ。
    あの街の風景もポラロイドで撮るとまた抜群だろうと思います。


  3. 2007年 3月 1日 @ 23:39

    いや、だから、撮影会はいつだって(笑)?

  4. じょ?に?
    2007年 3月 2日 @ 09:29

    なぬ?!?
    ワシも最近SX-70AFを使ってなかったけど、まさかフィルムが生産中止に!!!!???
    なんてこったですな!
    どうしよう。。。本体売ってしまったがいいかいな。。。
    SX-70は確かにいい味出すよね♪
    1枚当たりの単価がえらく高いからそんなに撮ってはないけれど、ワシもあの質感は大好きですね☆
    その昔、木村拓哉さん主演のドラマ『ギフト』にて使用され注目を浴びましたが、見た目もカッケーからインテリアとして取っておくのも良しかな。。。
    でも、やっぱカメラは使ってなんぼですけん、ちょっと可愛そうなSX-70AFちゃん(TOT)
    ワシにとっても後継機となるやも知れんSLR690を重点的にチェックしてみるよ。
    今年はOLYMPUSの「PEN」でちょこちょこ撮ってはいるけど、1本で普通のフィルムの2倍撮れる事もありなかなか現像に出せないでいる、すっかりデジタルに移行してしまったじょ?に?でした(^▽^)

  5. TAKA
    2007年 3月 2日 @ 16:45

    >寅さん
    撮影会!?
    >じょ?に?
    まじのようです(泣)
    以下URL参照
    http://www.polaroid.co.jp/sx-70/index.html
    正しくはSX-70フィルム生産終了予定だそうで、
    今ならまだ在庫を買い集めれるかも…。
    どっちみちSX-70フィルムはなくなるみたい。
    でも上記のURLにてSX-70に600フィルムを装填する方法が
    記載されてます。
    どうしてもSX-70が使いたければ600フィルム使うしかないね。
    でも600フィルムとSX-70フィルムでは
    残念ながら相当出来映えが違うんだよなあ…(涙)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0テレビ

これ大胆だなー。でもかわいいんだよなあ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP