きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

三寒四温、春の雪

Posted on | 2007年 4月 4日 | Permalink

【春の雪】
『春の雪』は、2005年10月29日に全国東宝洋画系にて公開された映画。監督は行定勲、配給は東宝。原作は三島由紀夫の小説『豊饒の海』四部作の第一部にあたる作品。1965年から1967年にかけて月刊誌「新潮」に連載発表された。
——————————————————————

もう四月というのに、寒さがまたぶり返しました。桜が咲くほど暖かくなっていたのに、うってかわって今日は冷たい雨、そしてあられも降ったりと寒い一日でした。せっかく咲いている桜もかわいそうですね。ストーブやコタツはもう少し活躍しそうです。

土砂降り→あられ→虹。久々に見ました。
写真はW51SAで撮ってみた。199万画素、まあこんなもんでしょうかね。

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

5 コメント - “三寒四温、春の雪”

  1. 神釜ちゃん
    2007年 4月 5日 @ 22:29

    満開の桜並木に舞う桜の花と、静かに流れる雪の風。
    俳句を作ろうにも季語が重なり歌えない。そんな不思議な
    光景を生まれて初めて見たよ。感動でした。
    虹も出たんだね。雪景色に映えるソメイヨシノ。そこに虹も
    あったら、まるでこの世ではない光景だろうね。

  2. yagi
    2007年 4月 5日 @ 23:02

    4月とは思えないほど寒い日で
    クリーニングに出す予定だったコートも
    まだ活躍できるほど・・・
    EYE(photo-diary)見られなくなってしまったのでしょうか
    でもでもこちらでの写真を楽しみにしてます♪
    ではでは:-)

  3. TAKA
    2007年 4月 5日 @ 23:26

    >神釜ちゃん
    俳句ですかあ。素晴らしい!
    また一句お願いしますよ。
    へんな気候ですが、しかしとらえようによっては美しい。
    へんな気候ですが…。
    >yagiさん
    この時期へたに冬物しまうと痛い目を見ますよね(笑)
    風邪ひかないように気をつけて下さい。
    EYEはヤプースのサービスが終了したために
    見れなくなってしまいました。
    楽しみにしてもらっていたのに残念ですm(_ _)m
    なるべくこちらのブログに写真をあげたりするように
    していきますので、ちゃんと見て下さいね(笑)
    EYEの跡をなんとかしないとな…。

  4. じょ?に?
    2007年 4月 5日 @ 23:33

    腹を出して寝たら風邪を引きました。。。
    一晩グッスリ眠ったら風邪が治りました。。。
    ワシは春のそよ風かい!?
    ちぇけらっちょー!

  5. TAKA
    2007年 4月 6日 @ 13:05

    >じょ?に?
    油断したね(笑)
    春は風邪引きやすいよね。
    お気をつけあれ。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

TUBTRUGS

使い道いろいろあるのがいいのです。カラーもいろいろ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP