きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

夜光虫サーフ

Posted on | 2007年 4月 10日 | Permalink

【夜光虫】
ヤコウチュウ (夜光虫、Noctiluca scintillans) は海洋性のプランクトンで、大発生すると夜に光り輝いて見える事からこの名(ラテン語で noctis ‘夜’+lucens ‘光る’)が付いたが、昼には赤潮として姿を見せる。動物分類学では古くは植物性鞭毛虫綱渦鞭毛虫目、最近では渦鞭毛虫門に、植物分類学では渦鞭毛植物門に所属させる。一般的な渦鞭毛藻とは異なり葉緑体は持たず、専ら他の生物を捕食する従属栄養性の生物である。
——————————————————————

昨日のことですが波乗り仲間からメールがあり、今年初めて赤潮が発生したという知らせを受けました。赤潮っていうのは春?初夏頃に海上に発生する、ほんとに赤い色をしたヤツ。昼間見る分には非常に不気味でございます(汗)。いつだったかサーフィンしている時に、赤潮が知らない間にだんだん岸辺に押し寄せて来たことがあり、ボード抱えて慌てて逃げたことがあります。赤潮の正体、実は夜光虫と呼ばれるものなんですよね。暗い所では衝撃を受けて光を発するのです。波が割れて光ったり、石を投げた時の波紋が光ったり、それはそれはもう、息をのむ美しさ。この世のものとは思えぬほど幻想的なものです。夜光虫大発生の海でサーフィンなんてしたら光のマニューバーラインが恐ろしくきれいなのでしょうね。だけど夜光虫って噛むそうなので(?)私は遠慮しとこうかな。

拡大するとやっぱり気持ち悪いね(笑)↓
ヤコウチュウ

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

4 コメント - “夜光虫サーフ”

  1. 神釜ちゃん
    2007年 4月 10日 @ 21:45

    そうなのよ?。夜光虫って噛むんだよ?。
    チクチクチクチク(汗)
    一見赤潮に見えない透明な所にも、赤潮の日には
    たくさんいて、ちょっとチクチクなんだよ?。
    でも、日暮れまで乗ってた時、自分の描いた
    マニューバのラインがめっちゃきれいに光ってるの
    見ちゃったら、もうチクチクなんていいから、もう一度
    あの感動を体験したくなる麻薬性を持ってるんだよ?。

  2. TAKA
    2007年 4月 10日 @ 22:22

    >神釜ちゃん
    神釜ちゃんはホントにやったんですね?!
    その光景を陸から見てみたかった(笑)
    自分もアイツらの中でサーフィンしたこと一回だけあります。
    プチプチ気持ち悪かったです(泣)

  3. じょ?に?
    2007年 4月 11日 @ 23:54

    夜光虫の拡大図はえらくキモイね。。。初めてみたけど、それを見せられると入る気無くなるなぁ?(^-^;)
    3週間海に入ってないぞ?い!!!
    マニューバだい湯バーバだい知らんだども、早く入りたいね♪
    昨年見た夜光虫の輝きを今年も陸から見たいものです☆
    夜光虫サーフする時は教えてね( ̄∇ ̄*)

  4. TAKA
    2007年 4月 12日 @ 02:23

    >じょ?に?
    あの図のやつが光ってるんだってよ(笑)
    でもホントにキレイなんだよね夜光虫って。
    湯バーバは笑いました(爆)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

BIRD LAND

こいつら、かわいくない?

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP