きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

我がふり直せ

Posted on | 2007年 4月 12日 | Permalink

【自分】
(1)反照代名詞。話し手・聞き手・第三者のいずれにも用いる。その人自身。
(2)一人称。多く男性が用いる。わたくし。
——————————————————————

mixiのとあるコミュを閲覧していたのですが、ホームページ制作の事業を始めたのだが仕事が1件も受注出来ないのでアドバイスをください、という内容のトピックを発見しました。見ればそのトピ主、専門学校出たてホヤホヤの非常に若い男性。たくさんアドバイスの書き込みがありましたが、それらはなかなかに手厳しいものが多かった(汗)。槍玉にあげられているといった表現が正しいのかな。しかしながら、その厳しいアドバイスひとつひとつは非常に的確なものばかりで、自分に当てはめて考えるととても勉強になる部分が多かったです。

誰だってそうだと思いますが始めっから完璧な人はいません。私だってまだまだ駆け出しウェブ制作者ですし、今後ももっと勉強を続けて行かねばなりません。勉強「しなければいけない」というか、勉強「したい」んです。私にとってWEBというものはそういう存在。私もWEBの仕事に携わるという夢は実現しましたが、まだこの仕事で成功をおさめるというところまでは遥か遠い道程。諦めないでがんばり続けることが、成功するための唯一の方法です。

フリーランスとしてのたしなみはこの本でバッチリ!
目指すは年収1,000万!?
快適・WEBクリエイター生活 フリーで年収1,000万円稼ぐ方法
快適・WEBクリエイター生活 フリーで年収1,000万円稼ぐ方法
栗原 明則

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

2 コメント - “我がふり直せ”

  1. 神釜ちゃん
    2007年 4月 12日 @ 23:56

    「頑張らない」事が出来ない。
    そういったものがあるのは、その道で成功する証です。
    努力を無理を感じず、「してしまう」状態。
    自分の本当の姿を知り、自分が本当に望む道に進み、
    目的が明確で、最初の目的達成の後の、目標もみつけられ
    る。これは成功の鉄則かもしれません。
    今の道のりを楽しみながら進み、いい思い出になって、成功
    したんだと実感される日に、共に祝いたいですね。

  2. TAKA
    2007年 4月 13日 @ 00:12

    >神釜ちゃん
    ウェブについてもっと知りたい、
    もっと技術を向上させたいと常々思ってます。
    仕事の為に朝方までPCの前に張り付いていることがありますが、
    不思議とぜんぜん苦痛ではなかったりします、私の場合。
    だからたぶんウェブの仕事が好きなんだと思います。
    まああとはそれに収入がついてくるようになれば、
    申し分ないんですが…(^_^;)
    お互い頑張りましょう!

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

emo desk

無骨で渋めだけど木目のあたたかみがあっていいなあ。こいつは男の書斎用。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP