きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

雷と風の一日

Posted on | 2007年 5月 18日 | Permalink

【低気圧】
(1)気圧が低いこと。
(2)天気図上で、閉じた等圧線に囲まれて周囲よりも気圧の低い領域。北半球では反時計回りに、南半球では時計回りに風が吹き込み、中心付近で上昇するので、一般に低気圧圏内では天気が悪い。温帯低気圧・熱帯低気圧に大別される。
(3)形勢が不穏になることや、人の機嫌が悪く、穏やかには済みそうもない状態のたとえ。
——————————————————————

日本海沖を低気圧がかすめていったようです。風が強い一日でした。ゆうべから朝方にかけては雷もすごくて、今朝起きてきたら仕事場のある棟が停電状態!調べたら、なぜかブレーカーが落ちてました。雷の影響かなあ…。雷はコワいんですよね(汗)、商売道具が危険にさらされるので…。ともあれMacもモニタも無事で良かったです。

今日は、仕事の合間に仲間とサーフィンをする約束していたのですが、今日のこれほどの風では逆に波に乗れません。大きなウネリが押し寄せて来てるんだけど、大風でぐちゃぐちゃになってますし、スープとよばれる波濤がものすごいため沖までゲットできないのです。こういう状態をいわゆるクローズというのですが…。仕事が終わって夕方、ちょっと偵察とばかりに海まで走らせたのですが、まあすごかったですね。絶対無理。明日、明後日あたり風がおさまってウネリだけ残っててくれたら最高のコンディションかも知れません。

大波の湖陵

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

4 コメント - “雷と風の一日”

  1. じょ?に?
    2007年 5月 18日 @ 12:40

    早朝サーフィンしてきたよ♪
    サイズはあったけど、アウトに出れないし、出ても厚くてなかなかとりずらかった。。。
    明日も波残るかなぁ?。
    楽しいサーフィンしたいね!
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=437446257&owner_id=6771962

  2. TAKA
    2007年 5月 18日 @ 20:09

    >じょ?に?
    早朝サーフィン、いい心がけだね。
    サーフィン後ってなんか清々しいから
    仕事の方もはかどるってもんだね、やり過ぎてなければ…。
    今日、少しイ*タP入ってきました。
    風はだいぶん落ちてたけど、カレントあるし、
    思ったほど波がいい感じでなくて不完全燃焼。
    雷も鳴り出すし、早々退却しましたわ。

  3. 神釜ちゃん
    2007年 5月 19日 @ 00:57

    乗りたかったな?。
    あの雷は確たかにすごかったもんね?。
    海面を走る雷は怖いからね?。
    いい波立ってても雷の日は絶対入らないように
    しようね!

  4. TAKA
    2007年 5月 19日 @ 01:05

    >神釜ちゃん
    一足遅かったですね、残念。
    しかし雷鳴ったらすぐサーフィンやめるべき!
    海上でプカプカ浮かんでたら雷の絶好のターゲットですもんね。
    コワいコワい。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

RESOLVE JACKET

アウトドアにも街着にも便利な一着。お値段お手頃なのに、さすがはノースフェイス、しっかり機能的なつくりになってるわ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP