きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

アナログ→←→デジタル

Posted on | 2007年 6月 11日 | Permalink

【銀塩写真】
フィルムカメラで撮影した写真のこと。写真を記録するフィルムの感光材料に、臭化銀やヨウ化銀などの銀化合物が使われていることから、このように呼ぶ。
——————————————————————

じつはここの所、私の写真熱が再燃してきておりまして、またいろいろ撮りたいなと思っていたりする今日この頃。学生時代に少しずついろんなフィルムカメラを集めたりもしてたのですが(トイカメラ、ジャンクカメラも多いですが)、今、これらをオークションで処分して、その資金を足しにして一眼デジタルカメラのちょっとばかしいいヤツでも購入しようかと考えている所です。

つまり、コレ、私の中で、カメラの「ほぼ完全デジタル移行」を意味します。まあ、「ほぼ」なのですが。→中には思い入れの強すぎるカメラもあったりするわけでして;しかしながら以前私の中では、写真はデジタルに変換しきれないもの、などと考えていたので、ホントちょっとしたパラダイムシフト(根本的な概念の変化)がここ最近で起こったわけです。というのもやはりデジカメの進化というものがすごいからでしょう。とくにデジタル一眼の最新機種なんかの作例を見たりするともう一目瞭然。気付いたら目が輝いてました(笑)。このクオリティがデジカメでも出せるのなら、私のニコン一眼はもう要らないかな、という考えが出てきてしまったのです。デジタルの経済性や利便性を考えると余計に乗り換えたくなりましたね。

Nikon FM2もそりゃあよかったですけどね。ニッコールの50mmF1.4の描写は最高でした。しかしながら私も写真の腕前はまだまだで、コレで上達していくにはとんでもないフィルム代+現像代+プリント代がかかることでしょう。ならばやはりデジタル一眼で…となるのですかね。

とは言っても、アナログにはアナログの良さというものがあって、デジタルでは味わえないものがフィルムカメラにはあると思っています。フィルムカメラって、撮る写真一枚一枚に重みがあると思うんですよね。現像するまでどう写ってるか分からないっていう楽しみもあるし、その他もろもろ。そんなだから手放すのは結構さみしい…。よってとりあえず、とくに思い入れのあるLOMO LC-Aとポラロイド SLR680は手元に残すことにしました(今日現在;)。他のが思い入れないと言ったらぜんぜん嘘になりますが、仕方ない決断です(ドナドナ…)。一番勿体ないかなと思うのはリコーのGR1sかなあ。F2.8という明るいF値の素晴らしい広角レンズで、携帯性も良くとても活躍してくれたのですが、資金調達のためにサヨウナラです(涙)。

この文章読んでいただいてたら伝わるかも知れませんが、デジタルには行きたいのだけど、アナログも惜しいっていう思いも強い。まさに未練タラタラ、「アナログ→←→→←→←→デジタル」みたいな、何度もアナログを振り返る感じ(爆)

↓このカメラもドナドナド?ナ?。
↓ロシア製のトイカメラでLOMO SMENA 8M。
↓略してスメハチというかわいいカメラだったのですが…。
↓↓↓↓↓

SMENA 8M スメハチ

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

2 コメント - “アナログ→←→デジタル”

  1. D寅
    2007年 6月 11日 @ 12:13

    ドナドナドーナードーナー..
    ナショナルジオグラフィックを見よ♪

  2. TAKA
    2007年 6月 11日 @ 12:36

    >D寅さん
    荷馬車は行きます…。
    ナショナルグラフィック、
    あれはキレイな雑誌ですね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

RESOLVE JACKET

アウトドアにも街着にも便利な一着。お値段お手頃なのに、さすがはノースフェイス、しっかり機能的なつくりになってるわ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP