きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

神西湖の花火大会

Posted on | 2007年 8月 19日 | Permalink

【花火】
花火(はなび)とは、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだものに火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色などを鑑賞するためのもの。火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。
——————————————————————

神西湖の花火を見に行ってきました。これまた5Dでの撮影が目的のひとつであります。湖陵の友人宅に車を止めさせていただき、少しばかり歩いて花火見ポイントに到着。もうホントに湖岸という感じのロケーション。花火打ち上げ開始時刻に近づくにつれて、会場近辺は人と車で混雑してきておりました。

そんでもって、三脚立てて花火の撮影を試みてまいりました。とりあえず、言い訳から始まりますが(汗)、持参した三脚のトラブル、レリーズを持ってない、などなどの理由により、あまりいい写真が撮れませんでした(涙)よく見ると、背景の街灯などがブレております。レリーズ(リモートスイッチ)と、丈夫な三脚はは今後のためにも購入しとこうと思いました。今後、昔好んで撮っていた天体写真なども撮ってみたいと思っていますので。

それに、花火の撮影は計画性が必要ですね。打ち上げポイント、撮影場所などあらかじめ把握しておかなければ、いざ撮影の時に焦ります。それから、花火撮影は構図も難しい!大きい花火や小さい花火にズーミングやカメラの角度調整でその都度対応しなければならないし…。花火撮影って奥が深い…。

そんなこんなで撮影に躍起になっていたら、せっかくの大迫力の花火をファインダー越しにしか見てませんでした。トホホ。

あそうそう、神西湖といえば美味しいしじみもヨロシクです。
お口の中がまるで、味の花火大会やあ??(彦摩呂調;爆)
神々の地出雲からスピリチュアルな味覚をお届け「西屋商店」

—————————————————————-
さておき、神西湖の湖上にあがる色とりどりの花火。

神西湖の花火1
神西湖の花火2
神西湖の花火3

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

3 コメント - “神西湖の花火大会”

  1. じょ?に?
    2007年 8月 19日 @ 13:15

    ご無沙汰です!!!
    盆休み土日と休みなく働いております(>。<;)
    噂のデジカメの画像なかなかよろしおまんな?♪
    ワシもu720ちゃんで花火を撮影してみたけど、ショボショボな画像しか撮れなかったぜよ。。。
    やっぱ違うね?☆
    夏ももうすぐ終わりを告げようとしております。。。
    残る花火大会はあとどんだけ????って感じですが、存分に満喫しちゃらこい(^・^)v

  2. 神釜ちゃん
    2007年 8月 19日 @ 13:47

    やっぱり花火撮影は大変ですね(汗)
    レリーズがないのは、確かにキビシ?!
    やっぱ花火撮影は、花火が良く見えるポイントでなくて
    構図も考えて、背景に何が入るかなど、下調べが大事に
    なりますね。そこまで考えてポイント教えてあげられた
    ら良かった。申し訳ない?。 m(_ _)m

  3. TACA
    2007年 8月 19日 @ 17:55

    >じょ?に?
    あらまーお久しぶり!
    お休み返上ご苦労様でございます。
    花火の撮影は、きれいに撮ろうと思ったら
    やっぱりなかなか難しいもんだね。
    またu720ちゃんの画像見せて下さい。
    >神釜ちゃん
    車停めさせていただきありがとうございました。
    花火ポイントもバッチリでしたよ!
    すべては私の準備不足。
    本格的な花火撮影にはやはりロケハン必須ですね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

TIMBUK2

定番カメラバッグへのアンチテーゼ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP