きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

カーリージラフ、いいね。

Posted on | 2007年 8月 22日 | Permalink

【キリン】
キリン(英名:ジラフ)はウシ目(偶蹄目)キリン科に属する動物である。名は中国から日本に伝来した想像上の動物麒麟(きりん)に由来する。学名 camelopardalis はラテン語で「ヒョウ柄のラクダ」を意味する。もっとも背が高い動物であり、体にくらべ際立って長い首をもつ。アフリカ中部以南のサバンナや疎林に住む。
——————————————————————

ブログのアクセスをチェックしてると、ここのところ「カーリージラフ」のキーワードで私のブログに訪れる人が多い様子。まあ、たしかに以前にカーリージラフのネタは書いたのですが、何ぞやと思いネットで検索してみると、ごく最近セカンドアルバムを出していたようです。それで検索する人が一時的に増えてたのでしょうね。

既出のブログ記事「カーリージラフ(巻き毛のキリン)」では、カーリージラフ結構いいよ、って感じで言ってたのですが、今日、実際カーリージラフを検索してみて、そのセカンドアルバムとやらに収録されてる曲をちょこっと試聴することができました。相変わらず、肩の力がすーっと抜けるようなリラックスした感じ。晴れた日曜日の朝のようなマッタリ感。またもやファーストアルバム同様、車と仕事場に常備しておきたい感じの音楽です。

一枚目の「Curly Giraffe」はバッチリ購入しておりますが、セカンド「Ta-dah」も買いかな。カーリージラフ、間違いない。

Ta-dah
Ta-dah
Curly Giraffe

—————————————————————-
野外でそれとなく流しておくのもいいかもしれない。
そうだ、海辺でバーベキュー、バックにカーリージラフ。

夏の夕べ、海辺でBBQするファミリー。

夏と海辺とバーベキュー

関連する(かもしれない)記事

    Not Found


コメント

2 コメント - “カーリージラフ、いいね。”

  1. 神釜ちゃん
    2007年 8月 23日 @ 00:13

    綺麗に撮れてますね?。
    海辺BBQの光もいい感じです。
    しかしこの前、海辺でカップルがBBQをしていたとき
    ビニールを含むゴミを燃やしておりました。
    なんとまあ、マナーの悪いこと(怒)
    こんなに綺麗に見えるのだから、人の心も綺麗であって
    ほしいなあ?。

  2. TACA
    2007年 8月 23日 @ 12:17

    >神釜ちゃん
    コテージ下です。
    海岸道路沿いの街灯の明かりが援護してくれました。
    海辺でバーベキュー最高ですね。
    しかしアウトドアでもマナーは守られるべき。
    ビニール燃やすなんてもってのほかです。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

isola

これはお刺身を食べるのに最適。ほかにも工夫次第で。ぐふふ。デザインと機能を兼ね備えてるなー。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP