きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

8月31日の哀愁

Posted on | 2007年 8月 31日 | Permalink

【哀愁】
何とはなしに悲しい気持ち。もの悲しい感じ。
——————————————————————

8月31日です。一応自分、まがりなりにも大人なんですが、8月31日という日がやってくると、どことなく何だか切ない気分になるのです。私だけでしょうかね…(汗)。子供の頃?学生時代には存在していたロングバケーション。その名も「夏休み」(笑)。楽しかった夏休みの雰囲気と、それが過ぎ行く淋しい感覚がいまだ私の中にあるのだろうな。

——————————————————————
過ぎ行く2007夏。

過ぎ行く夏の空

関連する(かもしれない)記事

    Not Found


コメント

2 コメント - “8月31日の哀愁”

  1. 神釜ちゃん
    2007年 8月 31日 @ 22:47

    切ない気持ち。
    そんな思いが蘇るくらいが幸せなのかも。
    ロングバケーションも、普段できないから
    あこがれの領域なんです。きっと。
    ロングな休暇が続くのも、あんがい切ない
    ものなんです(汗)
    少し忙しいくらいが、幸せだって言う人の
    気持ち。わかるなあ。

  2. TACA
    2007年 9月 1日 @ 00:54

    >神釜ちゃん
    お察しいたします。
    分かりますよ、その気持ち。
    僕もそういう状況が過去にありましたから。
    やるべき仕事があるって、素敵です。
    もうしばらく大人のモラトリアムをお楽しみください(笑)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

isola

これはお刺身を食べるのに最適。ほかにも工夫次第で。ぐふふ。デザインと機能を兼ね備えてるなー。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP