きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

男とガレージ

Posted on | 2007年 9月 12日 | Permalink

【ガレージ】
自動車の車庫。ギャレージ。→カーポート
——————————————————————

辞書でひいちゃうと、途端につまらない感じになっちゃいますが、ガレージと言えば男の憧れでございます。ロマンを感じずにいられるだろうか、いやいられない(笑)。ガレージという響きで白いご飯が3杯食えます(爆)。自分だけのガレージを持って、趣味で満たしてみたいというのが男のささやかな夢(私だけかな?)。まあ、ガレージとはいわば男の城ですよね。

ついこの前、書店の棚に並んでいた『NALU (ナルー) 2007年 09月号 [雑誌]』に「サーファーとガレージのいい関係」という、私にとっては垂涎の記事が載っており、ついつい衝動的に購入してしまったほど。マイク真木が渋くガレージについて語っておりました。ガレージがあれば家はいらないそうな。かっこいい…。

じつは今度引っ越すおうちにもガレージがついております(まあ車庫ですが…)!車ならつめれば軽自動車が3台は入っちゃいそうなくらいの広さ。今日早速、サーフボードとスノーボードを置いてきました。さて、これからどんな感じにしていこうかな…。あくまで貸家なのでめちゃくちゃなこと出来ませんけどね(汗)。

—————————————————————-
さて、どんなガレージライフを送ろうか。ここ、意外と広いです。
この写真手前側の後ろは、木立、道路、駐車場をはさんですぐ海。
こりゃ最高だ。鼻血出そう…。

ガレージ

—————————————————————-
メインテーマはノーズライディングでした。
ガレージの記事と合わせてこちらも必見!

NALU (ナルー) 2007年 09月号 [雑誌]
NALU (ナルー) 2007年 09月号 [雑誌]

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

3 コメント - “男とガレージ”

  1. じょ?に?
    2007年 9月 12日 @ 22:49

    やばやばのガレージじゃんよ?!
    ガレージで白米はそんなに食べれないけど、夢一杯で腹が満たされそうね☆
    ワシのイメージだと、ガレージ=所さんが強いね。
    窓ガラスに映るTACA殿とハイゼットはやはりストイックが良く似合う!

  2. TACA
    2007年 9月 12日 @ 23:03

    >じょ?に?
    使いようによってはいろいろできそうでしょ。
    右奥にある緑の板みたいのはなんと卓球台よ!
    遊び場になっちゃうね。

  3. じょ?に?
    2007年 9月 13日 @ 01:03

    そういえば、以前温泉卓球が流行ってたような気が。。。
    飲み会の時に卓球大会でもやったら楽しそうやな☆
    ワシや神釜ちゃんのロングも余裕で置けそうだし。。。勝手にワシの妄想ツールと化してしまってますが、ほんまに遊び場になるかも(!?)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

10Key Culculator

すっごくテンキーな計算機。欲しいなあ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP