きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

もがきと成長

Posted on | 2007年 11月 21日 | Permalink

【もがく】
(1)手足をばたばたと動かしてもだえ苦しむ。
(2)苦境を逃れようとあれこれする。
——————————————————————

超多忙です(汗)。ブログなんか書いてるなよ、と自分ツッコミ入れたくなります(笑)。忙しい時に限って案件が重なる重なる…(滝汗)。しかも、仕事が忙しい時に限って抜き差しならない私用が発生するし。

そしてさらにさらに、そんな時に限って作業が泥沼状態。いつもはちょちょいという感じのものも、なにがどうこんがらがったのか、思うように行かないのです。もう、焦ります。他の仕事もたっぷり控えているというのに、ほんと泣きそうになります。

自分一人でなんとかしなきゃならない、フリーランスという身分の苦しさですよね。ヒシヒシ。しかしへこたれません、勝つまでは(何に?)!もがいてもがいて成長して行く、そんな自分でありたいと思います。

前に誰かが言ってた気がします。人は余裕のあり過ぎる状態では伸びない。能力の許容範囲を超え過ぎてもつぶれる。その人のキャパぎりぎり、溺れかけくらいが最も成長するチャンスであると。

つっても、溺れないうちにそろそろ足のつく浅瀬がないかいな…。

—————————————————————-
二、三日前の海。
ここんとこ天気悪くて、波が良いです。

水平線に射すあの光明のように、
今の曇天作業から抜け出したいもんです。

水平線に射す光

関連する(かもしれない)記事

コメント

2 コメント - “もがきと成長”

  1. じょ?に?
    2007年 11月 21日 @ 10:32

    仕事があるのはいいことじゃ。
    ヒーヒー言いつつも、無事年は越せそうやな(笑)
    相変わらずワシは『余裕あり過ぎる状態』でおります(爆)
    しかし、短期間ではあるけれど、県外に飛ばされるかも。。。という噂を先日耳に致しました。
    県外。。。完全アウェーな訳ですけど、そんな環境だと一気に飛躍しちゃったりするんだろうな?。
    波のある所だったら、まだ救いはあるけれど、どうなる事やら。。。
    30代を迎える前に、お互いもうひと伸び出来たらいいね。

  2. TACA
    2007年 11月 21日 @ 11:01

    >じょ?に?
    相変わらず最近は暇なんだね。
    やることないならないで給料もらえるという
    サラリーマンがうらやましかったりしますなあ、ははは(笑)
    しかし、これも、隣の芝生は青く見えるというやつで、
    じょ?に?も実際給料以上の働きをしている時もあるんでしょうねえ。
    どちらにしろ、やるべきことがないと張り合いが出ないのは事実。
    ストイックに自分を追い込んで、びしばし成長して行きましょう。
    P.S.
    あれま県外は厳しいね。
    ほんとせめて波が良いところならワクワクするけど、
    サーフィン好きで海のない県へ異動した人をしってます(笑)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

emo desk

無骨で渋めだけど木目のあたたかみがあっていいなあ。こいつは男の書斎用。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP