きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ユーザーにやさしくね

Posted on | 2007年 11月 24日 | Permalink

【アクセシビリティ】
情報やサービス、ソフトウェアなどが、どの程度広汎な人に利用可能であるかをあらわす語。特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われることが多い。”accessibility” とは「近づきやすさ」「接近容易性」といった意味の英単語である。
——————————————————————

最近はユニバーサルがよく謳われる社会になりつつありますが、ウェブの世界にもやはりそれと同様な考え方があります。厳密ではないかもしれませんが、アクセシビリティとかユーザビリティがそれに当たるのかな。簡単に言えば、アクセシビリティは、どんな人、環境でも利用しやすいかどうか。ユーザビリティは、わかりやすい操作でストレスなく利用できるかどうか。

ここのところ、こういった部分を思い起こさせることがらが立て続きまして…。自分への戒めのためにもちょっと書き留めておくことにしました。

最初の指摘はWindows版IEでFlashで作ったナビなんかをそのままにしとくと、アクティブにするために1回余計にクリックをしなければならないという問題です。ActiveXがどうのこうのというやつです。なんとなくそういう問題があるとうっすら意識していたのですが、自分がMacユーザだというのも手伝ってあまり重要視しておらず、これまできちんと対策しなくても大丈夫だと思ってたんですね。最初に1クリックすれば問題なく動作するんだし…。

でもね、お仕事関係の方に、ぽつり「対策お願いします」って言われてしまい、あ、やっぱ来た、という感じで、やり方調べたんです。煩わしい操作を排除ってことで、こういうのはユーザビリティ分野の話になるのかな。新しく覚えたユーザビリティ対策ということで、ひとつ勉強になりました。

ちなみに、ウェブ制作者に手間を強いるこの悪評高いWin版IEの機能は近い将来のアップデートでなくなってしまうそうですよ。

次にやってきたアクセシビリティ問題はJavaScriptの件。やはりまれにおられるのですね、JavaScriptを無効にしている人。バナーからページが開けないということでご指摘くださいました。じつはJavaScriptを使って、横幅指定で新しいウィンドウを開くつくりにしてたんですね。JavaScript切ってたらそりゃあリンクできません。っていうことは、JavaScriptで設定してるボタンのロールオーバーやらも、その人たちには伝わってないっていうことですね、あいたた。面倒でもロールオーバーはCSSで表現すべきかな…。

こういうことあるんだろうなとは思いつつも、やっぱり表現の自由さ、便利さに走ってしまっていました。JavaScript無しでも閲覧に支障をきたさないウェブデザインをしなければいけないなあと思い直す出来事でした。

しかしまあ、カッコいいイカしたホームページ作りを目指すのもいいけど、きちんとすべての情報がすべての人に伝わる、「人にやさしいウェブ」を作らないといけませんね。自分に喝。

関連する(かもしれない)記事

コメント

2 コメント - “ユーザーにやさしくね”

  1. じょ?に?
    2007年 11月 25日 @ 12:07

    ネットのセキュリティーってのは、.netで痛い目した覚えがありますが、意外と盲点になっちゃうね。
    自分の設定でデバッグしてて、いざクライアントで動作確認するとバグってしまって。。。
    作る側の考えがエゴになってしまわないように、クライアントの事を考えて、またその先にあるお客さんの事も考えていい物作っていかなあかんね。

  2. TACA
    2007年 11月 25日 @ 18:51

    >じょ?に?
    そうだねえ。
    ユーザーのことを考えて作らないとね。
    ウェブはブラウザがたくさんあるし、
    それぞれのブラウザはOSごとにも
    表示が変わったりするから大変ですわ。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0加湿器

このカタチといい、ツヤといい、ぐうのねも出ないっす。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP