きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

来年もほぼ日手帳

Posted on | 2007年 11月 30日 | Permalink

【手帳】
(1)常に携帯して心覚えを記入する小形の帳面。手控え。
(2)江戸時代、正規の検地に用いた手控え。
——————————————————————

来年の手帳が届きました。来年も「ほぼ日手帳」、2年目です。今度はチノ。オーソドックスな色だけどなかなか良い質感です。手帳の使いやすさも年々マイナーチェンジされてる模様。でも一番好きなところは、一日一個、涙あり笑いありのメッセージが用意されているとこかな。

去年初めて、この「ほぼ日手帳」なるものがあることを知りました。特設サイトでうまく購買意欲をかき立てられてしまい、さらにもともとの自らの糸井ワールド好きが祟って(?)しまって購入。しかし、私のみならず、結構人気があるそうですよ。有名人も使ってたりするみたいだし、私のお仕事関係の方でもほぼ日手帳使ってる方がちらほら。

あ、ちなみに「ほぼ日(ほぼにち)」ってのは、糸井さんがやってる「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトのことです。このサイトは結構前から知ってたんですけど、じつはなかなか面白いサイトです。

さて、明日から12月。残り1ヶ月を余して2007年もおしまいですが、今年の手帳をめくり直してみると、あーなんか結構がんばってたかなーと実感します。あと1ヶ月ラストスパートです。今年できることは今年のうちに。

それでは、2008ほぼ日手帳より、ありがたいお言葉をひとつ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一日というのは、卵みたいなものだ。
どんなふうに食べようが、かまわない。
ほっといて腐らせたって、卵は怒りはしない。
『セフティ・マッチ氏の銀の言葉』より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心にズシリと来ます。

—————————————————————-
右の紺色のが今年ので、左のチノパンみたいな色のが来年の。
さて今は真っ白な2008年の手帳、どんな内容で埋まっていくんでしょ。

今年のほぼ日手帳と来年のほぼ日手帳

関連する(かもしれない)記事

コメント

2 コメント - “来年もほぼ日手帳”

  1. じょ?に?
    2007年 12月 1日 @ 11:10

    「ほぼ日」手帳カッケーな?♪
    ワシもいい手帳欲しいけど、金が無いから安物しか買えません。。。
    手帳じゃないけど、日記がてらに使用しているのが新潮社の「マイブック」!
    こいつを手にして約7年だけど、過去の自分の考え方とか知ると結構面白いよね。
    ワシもいつか「ほぼ日手帳」を手に出来るように金を貯めるぞ?(笑)
    —————————————————————-
    ○新潮社 マイブック
    http://www.shinchosha.co.jp/book/120860/

  2. TACA
    2007年 12月 1日 @ 14:50

    >じょ?に?
    >ワシもいつか「ほぼ日手帳」を手に出来るように金を貯めるぞ?(笑)
    ってちょっと大袈裟じゃないかい?
    まあ手帳としてはわりと高いけど、
    じょ?に?なら買えるでしょう(笑)
    マイブック、これいいね!
    なんにも書いてない手帳。
    これ、文庫本サイズだったら
    去年のほぼ日手帳のカバーつけて
    メモ帳代わりに使えて便利かも。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

AIR

窓の外から入る光がとってもきれいなカーテンなのです。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP