きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ポラロイドフィルムの終焉

Posted on | 2008年 2月 22日 | Permalink

【ポラロイド】
ポラロイドは、1937年にエドウィン・ハーバード・ランドが創立したPolaroid Corporationの略称、または同社が開発したインスタントカメラの通称。
Polaroid Corporationは、拡散転写法によるモノクローム及び拡散転写法による天然色写真術によるインスタントカメラ及び、偏光板(ポーラライザー)及び拡散転写法に係る各種感光材料の製造販売及び拡散転写法用のインスタント写真用各種光学器機の製造販売・立体偏光動立体画像に係る光学機器と感光材料のメーカー。
——————————————————————

Yahoo!ニュース:ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080222-00000058-zdn_n-sci

ショック。いつかこういう日がくるのだろうとは薄々感じてはいたのですが、ポラロイドカメラどころか、ついにポラロイドフィルムさえ生産終了になる時が来たようです。

まあ私は現時点でポラロイド系のカメラを使用しているわけではないんですが、インスタントカメラの原点であるところのポラロイドカメラが終わりを迎えるなんてショックですよ。

過去にSX-70とSLR680のユーザーでした。SX-70なんて現代のどんなカメラを持ってしても写せないほど絶妙な味わいを出してくれてたんですが、こちらのSX-70フィルムは確かもうちょっと前にすでにフィルムの製造を終えていたはず。今度はポラロイド600フィルムもかー。600フィルム、おまえもか…という感じ(ブルータスっぽく)。

デジタルカメラの普及のためポラロイドの需要が減少したためということで、これは仕方ないのかな。せつない。かくいう私もデジタル移行組のひとりではあります(爆)

ライトグラフエンジニアリング/Photoの一番下段はSX-70とSLR680で撮ったものです。ポラロイドよ永遠なれ。

関連する(かもしれない)記事


コメント

4 コメント - “ポラロイドフィルムの終焉”

  1. N@LI
    2008年 2月 23日 @ 00:55

    私のSX-70ちゃんも今は押入れの中…
    ワシはまだまだしばらくはポラちゃんで撮れると思っていただけに、このNEWSは本当にショックですTT
    …買いだめする?買いだめしょうか!ウィィィィンン☆

  2. TACA
    2008年 2月 24日 @ 01:01

    >N@LIさん
    ショックだよね!
    切ない。
    買いだめしても、買いだめした最後のフィルムを使う時は、
    今以上に切ないんだろうなあ…。

  3. Kudar!
    2008年 5月 13日 @ 12:51

    はじめまして。
    「ポラロイドフィルムForever」というポラロイドフィルム生産継続運動をはじめました。
    http://www.d1.dion.ne.jp/~kudar/Polaroid_Forever/
    米ポラロイド社は本年8月でポラロイドフィルムの製造を終了することを発表しています。
    デジカメに押されてのことと思いますが、ポラロイドは35mmにもデジカメにもない味があります。
    これがなくなってしまうのは、文化の危機と考え、ただいま3人でサイト運営しています。
    できれば、この署名サイトを多くの人に知ってもらい、いろいろな人やいろいろなお店で署名活動をしていただけたらうれしいです。
    よろしくお願いします。
    ポラロイドフィルムForever 代表 工藤孝生

  4. TACA
    2008年 5月 13日 @ 21:52

    >Kudar!さん
    こんにちは。
    なんとポラロイドフィルム存続の署名活動ですか。
    ポラロイドフィルムのあの独特の描写はなくなって欲しくないですね。
    協力させていただきたいと思います。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

U-BOARD SMART

せまい机の上に新しいスペースをつくろう。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP