きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

30

Posted on | 2008年 4月 27日 | Permalink

【三十路】
〔「路」は接尾語。古くは「みそち」〕
(1)三〇歳。
(2)三〇。

ついに齢30となりました。昨日、2008年4月26日が30回目の誕生日。予想通りというか、とくに変わった心境の変化はなかったかな。まあ、30というのはオトナな響きです。

出来事と言えば、友達からメールが来たりしました。誕生日を覚えててメールしてくれるってのはとてもうれしいものですね。

あと母親からもメールが来た。母にしてみたら子供は何歳になってもやっぱり子供だと思っているのでしょうか。でもうれしいもんです。最近とくに親や家族に素直に感謝の気持ちを感じられる自分になった気がします。母には「30年前、僕を産んでくれてありがとう」とメールしました。照れくさいけど、前から言いたかった言葉です。

そんなこんなの30歳の誕生日でした。年齢ひとつ増えたところでとくに変わることはありません。29が突然30になるもんでもないですし、日々刻々と変化してるもんです。30になったら突然何かが起こることはないですね。

ただ、その節目にいろんな人が祝ってくれることはすごくうれしいことです。幸せです。まわりの人々のおかげがあるから、幸せに30になれてる自分がいる。それは忘れたくないこと。心の底から感謝です。

関連する(かもしれない)記事


コメント

4 コメント - “30”

  1. N@LI
    2008年 4月 28日 @ 12:45

    節目やね。
    社会人に入る前に思い描いていた30とは、ワシは結構違ってたりしてますが、TACA殿はいかがかな?
    40、50になっても、変わらず「おめでとう」と言ってくれる友人がいるといいね。
    心も磨きつつ、ますますいい男になっておくれよ。

  2. TACA
    2008年 4月 28日 @ 13:30

    >N@LIさん
    ありがとうございます!
    うん、確かに昔想像していた30とは違うね。
    昔の想像は勝手な妄想だった(笑)
    とにかく目標は都度修正していかなきゃいけないもんだね。
    がんばって素敵なおっさんになりたいと思います。

  3. 神釜ちゃん
    2008年 4月 29日 @ 13:49

    遅ればせながら誕生日おめでとう!
    男が一番輝く世代にようこそ!
    30代は思うようにならないことや、我慢できなかったこと
    20代の真っ直ぐさゆえに辛くなってしまっていたこと
    若さゆえの頑固さを削って、磨きをかけてゆく年齢かも
    しれないなと思います。
    今や30でも若いと言われる時代!
    どんどん輝いていって下さい!

  4. TACA
    2008年 4月 29日 @ 14:13

    >神釜ちゃん
    ありがとうございます!
    ようやく30代のお仲間にさせてもらえますね。
    30代だからこそのことっていろいろありそう。
    今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくです。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

HOLGA

トイカメラの王様。このチープさがどうしようもなく愛しいのです。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP