きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

チェックボックス奮闘記

Posted on | 2008年 5月 27日 | Permalink

【奮闘】
(1)力を出して戦うこと。
(2)力を出して事に当たること。

落とし穴にハマりかけてたんですが、なんとか気合いと運で穴から這い出すことが出来ました。アブラ汗にじませながらPC前で格闘。一瞬胃がピリッともした…(涙)

何の話かっていうと、今進めている案件でMTを導入する案件がありまして、そのMTでどつぼにハマってたんです。やっぱり奥が深いな、MTは。未知の機能とタグたちとの戦いです。一応以下、MT備忘録として書いときます。

私がつまずいたのは、プラグインのカスタムフィールドで設定したチェックボックス項目をどうやってソースに組み込むかっていうこと。カスタムフィールドの他の項目はほとんどすんなり理解できるのですが、チェックボックスだけは使い方が分からない。

チェックがある項目に関しては、特定の画像を表示させるようにしたいのですが、そのまま、カスタムフィールドで作成したフィールドのテンプレートタグを埋めちゃうと、単に「1」って感じで判別数字のみ表示してしまうのです。

ネットで調べまくったんですが、探せど探せどそれらしき回答にぶち当たらない!それでも探しに探しまくった結果、これだ!という記事に遭遇。これは運です。ネットは便利な小宇宙です。ビバ!インターネット。

このチェックボックスの解決策は<MTIfNonZero>というタグを使って対処するらしいのです。このタグは、「0」でないと判定すれば、このタグで囲まれた文字列を表示してくれるというものらしい。つまりチェックボックスにチェックすると「1」を吐き出すので、必然的にタグ内の文字を表示することになります。<MTIfNonZero>で画像のソースを挟んでおけば、チェックが入っていればその画像を表示、チェックが入ってなければ画像を非表示にしてくれると言うわけです。

<MTEntries>
<h2><$MTEntryTitle$></h2>
<$MTEntryBody$>
<MTIfNonZero tag=”aaaaaa“>
<img src=”images/bbbbbb.gif”/>
</MTIfNonZero>
</MTEntries>

ええと、赤字のところは、カスタムフィールドで作ったフィールドのMTタグから「MT」を抜いたものを入れることになります。

しかしまあ、MTってのはいろんな機能があるもんですね。具体的な案件をこなしながら少しずつ学んでいく他ないか。とりあえず、今回の件は無事答えにたどり着けてよかったよかった。寝よ。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “チェックボックス奮闘記”

  1. くう
    2008年 5月 28日 @ 00:45

    専門分野外のことなので、私にはチンプンカンプンなのですが
    解決されて良かったですね。

  2. TACA
    2008年 5月 28日 @ 00:56

    &gt;くうさん
    ありがとうございます。
    ネットにはまさかという救いのネタが転がってるので
    ホントに大助かりです。
    あ、まるっきり専門的な記事になっちゃってスミマセン(汗)
    仕事の備忘録としてもブログを使ったりするので、
    時々こんなのありますが、お許しくださいね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

AIR

窓の外から入る光がとってもきれいなカーテンなのです。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP