きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

MacProの働きっぷり

Posted on | 2008年 7月 29日 | Permalink

【活躍】
(1)大いに活動すること。
(2)勢いよくはねまわること。

Mac Proがうちへやってきてしばらく経ちました。まったく問題なく働いてくれてるMac Pro。そして昨日、前のPower Mac G5は、クロネコが引く荷馬車にドナドナされていきました。

さて、我が家のMac Pro、遺憾なくそのパワーを見せつけてくれています。さすがにインテルのXeonを載せているだけあります。とにかくなんでも早い(気がする)。Photoshopなど重めのソフトも処理が早い(気がする)し、とにかくサクサク感はポテトチップス並み(笑)。それでもまだ能力を持て余してるくらいです。こいつはモンスターだ。

そうそう、Mac Proにしてから初めて触ったんですが、OS X 10.5.4 Leopardもいい感じです。とくに便利でバリバリ活用しているのは「Spaces」かな。これはいくつもの仮想デスクトップを切り替えて使います。いろんなアプリを立ち上げたり、ウィンドウがたくさん重なったりして、すぐにデスクトップが煩雑になりがちなものですが、この「Spaces」を使えば、用途ごとに画面を切り替えたり、アプリごとにデスクトップを変えれたりできるので、非常に作業の能率が上がる気がします。カチッ、カチッと切り替わる感触も好きです。

ちなみに僕は、VMware FusionでWindowsをよく使いますので、これをひとつのデスクトップをめいっぱい使って利用しています。VMware Fusionの機能でフルスクリーン表示に出来るので、見た感じはWindowsマシンの画面そのもの。ショートカット一発でMacとWindowsが切り替わるのでなんとも小気味良い感じですよ。

あと、何気に便利なのが「Quick Look」かな。これはアプリケーションを立ち上げなくても中身が見れちゃうという便利機能。中身を確認したいだけなんだけど、立ち上がりが遅いソフトを起動させるのは面倒くさい。そんな時にボタン一発で中身を表示。痛快です。

そのほかは、Dockに新しくできたスタックなんかも、使いようによっては便利かもしれませんね。Cover Flowって言ったっけ?Finderの一表示形式であるアレ(iPod TouchとかiPhoneのあの指でアートワークをめくる感じのやつ)は、見た目カッコいいけど、私的にはあまり要らないかもしれない。

Mac Pro、一週間くらい使ってみましたが、メインマシン切替によるストレスもとくになく、快適に使えております。お仕事にも影響は出ておりません。今後、いろいろ設定いじったり、プラグイン入れたり、自分仕様のMac Proにしていきたいと思います。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

CANON EOS 5D

空前絶後、稀代の名機。価格もこなれてきたところで、さあレッツ5D。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP