きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

盆休み日記:ゲゲゲの大山・境港編

Posted on | 2008年 8月 19日 | Permalink

【妖怪】
妖怪(ようかい)とは、人間の理解を超える奇怪で異常な現象を象徴する超自然的存在、あるいは不可思議な能力を発揮する日本の民間伝承上の非日常的存在のこと。妖(あやかし)または物の怪(もののけ)とも呼ばれる。

盆休みが終わっちゃいましたね。我々大人にとってはこの連休が子供の夏休みに当たる様なものですので、なんとなくセンチメンタルになったりならなかったり。

今年の盆休みはちょっとしたお出かけなどなどあったものの、まあわりと淡々と過ごしてた様な気もします。

イベントと言えば、鳥取は大山・境港方面へ日帰りで行ってきたこととか、盆休み最終日にも関わらず、友人と頓原の山小屋へバーベキューをしにいったことなんかでしょうか。

以下、大山・境港の旅日記をダイジェストで。

大山。まず大好きな植田正治写真美術館へ行ってみました。植田写真を堪能して、次に行ったのがみるくの里。牛乳風味のとても濃厚なソフトクリームを食べました。

続いて桝水高原でリフトに乗るつもりが、突然のにわか雨のため中止。そこから一路境港へ。お昼に海の幸をいただき、昼からは水木しげるロードへ。

水木しげるロードではは、この日は霊在月祭?というイベント中だったようで、とてもたくさんの人たちでにぎわっておりました。

あ、霊在月というのは、出雲が十月に全国と異なって神在月(かみありづき)と言われているのに倣って、ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげるゆかりの地であることから、お盆のある八月を霊在月(れいありづき)と呼んでるらしいです。そのお祭り。境港は鬼太郎やら妖怪を地域興しにすごく活用してます。

この日、水木しげるロードにいたのはねずみ男(着ぐるみですが)。怪奇大学不潔学科卒の彼はとても人気者でした。個人的にはサラリーマン山田にも会いたかったなぁ(鬼太郎じゃないんかい…)。そうそう、よく知られてはおりますが、水木しげるロードにはたくさんの妖怪たちのブロンズ像が点在しています。妖怪好きにはたまらないな。

あと、水木しげる記念館へも行ってきました。前から行きたいとは思ってましたが初めてです。ゲゲゲの鬼太郎をはじめその他たくさんの作品を生み出した水木しげるの生い立ちから、たくさんの妖怪のことについてなどなど。妖怪とか好きな方は決して少なくないはず。ここは熱いですよ。目玉のおやじがいかにして今の姿になったかだとか、鬼太郎に妹がいるとか、ねずみ男の妹とか母親とか、もうマニアック過ぎることが分かっちゃう。それと衝撃だったのは、水木しげるさんは戦争で左手を失っていたことをはじめて知りました。今までずっと知らなかった。

おっと気がつけば、ダイジェストとか言いながら、水木しげるや妖怪あたりにやたら比重が偏ってますね。私が子供の頃、妖怪事典を所有していたことは秘密ですよ。

そんなこんなで今年の盆休みの一幕でした。

関連する(かもしれない)記事


コメント

6 コメント - “盆休み日記:ゲゲゲの大山・境港編”

  1. くう
    2008年 8月 19日 @ 15:20

    充実した夏休みだったようですね。
    夏休みというものがない私としては、羨ましい限りです。
    今、死神も人気上昇中らしいですね。
    (テレビで言ってました)

  2. TACA
    2008年 8月 19日 @ 16:13

    >くうさん
    死神も人気あるんですね。
    確かにすごく恐ろしい姿、とは言えない
    どこかかわいらしささえありますね。

  3. yumiko-san
    2008年 8月 19日 @ 18:43

    なんてタイムリー。ちょうど、9月に法事があって、植田正治美術館と水木しげるロードに行こうと思っていたところ。
    ありがとうございました。

  4. TACA
    2008年 8月 19日 @ 21:08

    >yumiko-sanさん
    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    おお、そうなのですかあ。
    それは良かった。
    植田正治写真美術館は展示写真の他にも
    水に映る逆さ大山や、巨大レンズの部屋など
    いろいろ楽しめるものがありますよ。
    水木しげるロード界隈も
    妖怪好きにはとても熱いです(笑)

  5. GUERLAIN
    2008年 8月 19日 @ 22:09

    おぉ 水木しげるロード 一度は行ってみたいです
    実は私も子供の頃妖怪辞典持っていました 数冊・・・

  6. TACA
    2008年 8月 19日 @ 22:17

    >GUERLAINさん
    おお、妖怪好きだったんですね!
    境港は妖怪好きの聖地ですよ。
    ぜひ一度は行ってみてください。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Saito Wood

どんなお部屋にもマッチ。木目が素敵すぎ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP