きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

静かな夜の音楽

Posted on | 2008年 8月 27日 | Permalink

【ジャズ】
ジャズ(jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に発展した音楽形式。アフリカ系アメリカ人の音楽形式と西洋音楽の技術と理論が融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズムなどの要素を組み込むことが特徴的とされている。その自由な表現形式は黒人音楽家のみならず白人音楽家にも注目され、技法や理論など急速に発展した。20世紀半ばには人種の枠を越えた音楽のジャンルとして認識され、現代音楽理論をも内包する高度な体系をつくりあげた。その結果、人種、国籍や狭義のジャンルを越えた音楽芸術の現代的様式の一つとなり、様々な方向性に発展を見せる現代の音楽の源流を形作った存在であると考えられている。

涼しくて過ごしやすい夜です。これでまだ8月だなんて。まるで秋のように涼しくなってしまっておりますが、こんな心地よい空気の静かな夜にオススメの音楽があります。

ビル・エヴァンスの「Waltz For Debby」。秋の夜長にはジャズが似合うと思う。…と言っても、私はそれほどジャズに詳しいわけではないです。ただ、ジャズ特有のとろけるようなまったりした感じが大好きなのですね。

何枚かはジャズのCDを持っているのですけれど、中でもビル・エヴァンスは好きです。この「Waltz For Debby」という作品は、ジャズ界ではもっぱら名盤と言われているそうで、私もすぐにお気に入りに入りました。ジャズの初心者(まさに私でもあるのですが…)でもとても聴きやすい音楽です。

繊細だけど暖っかさのある心地よい音楽。長い夜のお供に最高の一枚です。

Waltz for Debby (Hybr)
Waltz for Debby (Hybr)
Bill Evans

関連する(かもしれない)記事


コメント

4 コメント - “静かな夜の音楽”

  1. TACA
    2008年 8月 27日 @ 09:53

    >ダー
    ぜひ聴いてみてください。
    新しい世界が開けるかもね(笑)
    運転中に聴くよりは部屋で何かをしながら聴いた方がいいかも。

  2. TACA
    2008年 8月 27日 @ 16:50

    >ダーさん?
    たぶん車で聴いてもあまり雰囲気伝わらないかもしれないな。
    部屋で何か他のことをしながらついでに聴くくらいが良いよ。
    あと、期待し過ぎとか、がんばって張り切って聴いてもろくなことはないかな。

  3. GUERLAIN
    2008年 8月 27日 @ 21:27

    Bill Evans ですか 良いですね
    TACAさんはJAZZがお好きなんですね
    お持ちのJAZZのCDでご存知かもしれませんが
    Harbie HancockのMaiden Voyage(処女航海)
    Miles DavisのTasty Pudding
    私が大好きな曲です
    機会がありましたら聴いてみてくださいね

  4. TACA
    2008年 8月 27日 @ 22:00

    >GUERLAINさん
    Jazzは好きですが、ホントに初心者みたいなもんです。
    ウンチク言うほどそんなに大した枚数聴いてませんですよ…(笑)
    でもJazzは好きです。
    GUERLAINさんはJazzも好きなんですよね。
    マイルス・デイヴィスならKind of Blueを持っています。
    ハービー・ハンコックはたぶん聴いたことないかも。
    ぜひぜひご紹介の曲を探して聴いてみたいと思います。
    GUERLAINさんはJazzにもお詳しそうなので
    またいろいろ教えていただけたらうれしいですね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0テレビ

これ大胆だなー。でもかわいいんだよなあ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP