きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

新しいハードル

Posted on | 2008年 11月 30日 | Permalink

【Nucleus CMS】
Nucleus CMS(にゅーくりあす しーえむえす)はベルギーのWouter Demuynck(ウォウター・デミュンク)などによって作られた、MySQLとPHPによって動作するサーバ設置型のオープンソースなブログ向けコンテンツ管理システム(CMS)である。管理・運用はほぼ全てWeb上で行うことが出来、同様の機能を持つ他のプロプライエタリなシステムと遜色はなく、個人・法人ともに同システムの利用者が存在する。 ライセンスはGPLとなっていて、ソースコードは無償で配布されている。

新しく学ぶべき課題が増えました。Nucleus CMSというものです。MovableTypeやWordPressなどのようなCMS(コンテンツマネジメントシステム)の一種でして、普通分かる人同士ではただ単にNucleusと言いますよね。

と言っても私も今まで触れてこなかったわけで、CMSのうちでも割とマイナーな方ではないかと思います。そんなマイナーなNucleusですが、意外とかゆいところをカバーしたCMSで、プラグインも結構充実している模様。おまけにオープンソースですし、Nucleusでサイトを運用するメリットはいろいろとありそうです。

ただし、マイナーな部類のCMSな故に関連情報が他CMSに比べて少ないかな。流通している書籍も私が知る限り1冊のみ(汗)。あとは日本版Nucleusサイトフォーラムなどで情報を得るしかありませんね。

今後、お仕事の関係上、このNucleusを覚えなければいけない状況になりました。お勉強です。これまで知らない知識の海を航海するのです。知識や技術を得ていくことは苦しくもあります。確かにハードル(障害)と受け取ることも出来ますが、これはある意味チャンスです。仕事で必要に迫られなかったら、このままずっとNucleusの知識を得ることが出来なかったかもしれません。今後Nucleusは自分の糧となり得そう。

幸い、MovableTypeをこれまで触ってきて、CMSのだいたいの仕組みは理解してきてるので、Nucleus独自の特徴をつかんでものにしていくことが課題となりそうです。自主的に学びかけてたPHPのお勉強は一時中断となりそうですが、ちょっくらNucleusをがんばってみようと思います。

なにげに結構学ぶことが好きな自分。そんな自分にひたりつつ…(笑)。とにかく、たくさん学んで仕事にもどんどん活かしたいと思います。生涯勉強。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “新しいハードル”

  1. furusho
    2008年 12月 1日 @ 14:01

    突然のコメント失礼いたします。
    また機会があればSOY CMSもご覧いただけませんでしょうか。
    何卒よろしくお願いいたします。

  2. TACA
    2008年 12月 1日 @ 15:07

    >furushoさん
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    SOY CMSというのがあるのですね。
    初めて知りました。
    拝見しましたがとてもとっつきやすそうですね。
    またじっくり見させていただきます。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

CANON EOS 5D

空前絶後、稀代の名機。価格もこなれてきたところで、さあレッツ5D。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP