きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

Safari 4あらわる

Posted on | 2009年 2月 25日 | Permalink

【Safari】
Safari(サファリ)は、アップルにより開発されているウェブブラウザ。Mac OS X v10.3以降での、標準ウェブブラウザとして初期搭載されている。レンダリングエンジンは、ウェブ標準に準拠するWebKitを利用。iPhone、iPod touchではMac OS X用からカスタマイズされたSafariが標準ウェブブラウザとして搭載されている。Windows版も公開されており、クロスプラットフォームなブラウザとなっている。

Safari 4 β版が出ましたね。SafariはMacユーザーにはおなじみと言ってよいウェブブラウザです。思えばSafariも4になるのかあ。はじめてMacを買ったときにはもうSafariが標準ブラウザとして入っていました。OSX10.3でしたのでMacにSafariが標準搭載されたのと同時期です。あのSafariは初代だったんだなあ、しみじみ。

とかいう私、現在はメインではFirefoxを利用しておりますけどもね…。でも今回のSafari 4の登場で再びブラウザ乗り換えもあり得る?そう思わせるほど、他ブラウザとは一線を画す未来的な機能を携えてベールを脱ぎました。

目を引く機能としてはまず、iTunesでおなじみのCover Flow。閲覧履歴にあるウェブサイトをペラペラとめくるように検索することができます。文字ではなくてウェブサイトのビジュアルで探せるのでピンときやすいかもしれません。

それから、Top Sites。下の画像がそれです。これは自分のよく見るサイトのサムネイルを一画面に並べて表示してくれるそうです。自動ってところがミソですね。なんか趣味嗜好がバレバレで、隣に他人がいようものなら恥ずかしい気もします。このへんはカスタマイズできないのだろうか。

Safari 4 BETA - Top Sites

その他、意外な変更点としてはタブの変更があります。従来タブというものはURLバーより下に来るものだという固定観念がありましたが、Safari 4ではなんとウィンドウの一番上がタブになっています。これは新しいな。(失礼、Google Chromeも上にあるんでしたね。はよーMac版出してちょうだい…)確かにURLバーの下になければいけないということはありませんもんね。しかしタブでかっ。

スピードもなかなかのようです。JavaScriptエンジン「Nitro」を搭載。FirefoxやIEはもちろん、GoogleのChromeよりも速いとかなんとか。IE7との比ではなんと30倍も違うのだとかw。過去に私もSafariからFirefoxに乗り換えた時、表示速度はやっぱりSafariの方が速かったなあという思いはありました。スピードのSafariか、機能のFirefoxか、ここへ来てもやっぱり悩むところですね。

Safari 4 BETA

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Leaftie

ごちゃごちゃケーブルはキュートに束ねて。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP