きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ポラロイド写真をつくろう

Posted on | 2009年 3月 24日 | Permalink

【ポラロイド】
ポラロイドは、1937年にエドウィン・ハーバード・ランドが創立したポラロイド社(Polaroid Corporation)の略称、または同社が開発したインスタントカメラの通称。ポラロイド社(Polaroid Corporation)は、拡散転写法によるモノクローム及び拡散転写法による天然色写真術によるインスタントカメラ及び、偏光板(ポーラライザー)及び拡散転写法に係る各種感光材料の製造販売及び拡散転写法用のインスタント写真用各種光学器機の製造販売・立体偏光動立体画像に係る光学機器と感光材料のメーカー、また後述するペターズ・グループ・ワールドワイド(Petters Group Worldwide)社によるポラロイド社の買収時に事業を拡大したデジタルカメラや液晶テレビ、DVDプレーヤーなど情報家電のメーカーでもある。

ポラロイド写真のあの独特のニュアンスというか雰囲気、大好きです。昨今、ポラロイドフィルムの生産終了が告げられておりますが、ポラロイド愛好者には本当にさみしいものです。ポラロイドを撮れない日がやってくるのかとこの世の終わりのような不安を抱いているそんな人々にちょっとでも気休めになりそうなこんなツール。いやいや、気休めにしてはよく出来過ぎていると思われる。Poladroidというドネーションソフトウェアがあります。

ポラロイドカメラがデスクトップに出てきます。このカメラに手持ちのデジタル写真をドラッグ&ドロップしますと、ガコッ!ジ〜〜っとリアルな音とともにポラロイド写真が出てきます。しかも徐々に現像されていくというこだわりよう。しばらく何もせず待ってよし、マウスでシェイクしてもよし。現像が完了するとピロリロリンと音がなり赤ペンで書いたようなマークが付きます。出来上がった写真は、Macの場合ピクチャフォルダに保存されています。

porladroid

これ、結構楽しいです。デジタルの世界とはいえポラロイド写真を撮影する過程を体験できちゃうというのはエンターテイメントとしてなかなか大きいかと。出来上がった写真もポラロイドの雰囲気をしっかり再現していますね。微妙な色合いといい、周辺減光の加減といい、あの筆舌に尽くしがたい何とも言えない感じ。まさにポラロイド。これ使えば眠っていたぱっとしない写真とかも違う味を持って蘇りそうです。

私も以前3台のポラロイドカメラを所有してました。実際撮影に使用できていたのは、Polaroid SLR680とPolaroid SX-70の2台。今でも独特の写真が撮れるポラロイドの魅力と興奮を忘れていません。今では手元にないし、フィルムの入手も困難ですし、だけどもだけども、それでもポラロイドで撮る写真は大好き!そんな僕のような人がいるのならきっと少しは満たされるはず。そりゃもちろん本物には叶いませんけどね。

以下、普通のデジタル写真から作ってみたポラロイド写真いくらか。600フィルム的な写真もあれば、ちょっとSX-70フィルムっぽい写真もあり、面白いです。

蓮池

海辺の団地

ニジマス

道

誰もいない海

ちなみに、昔撮ったポラロイドをこちらで少し載せております。合わせてご覧いただければしあわせ。ライトグラフエンジニアリング PHOTO

Poladroid Project

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “ポラロイド写真をつくろう”


  1. 2009年 3月 24日 @ 19:13

    キミ、早く写真集を出しなよ(-ロ-;)

  2. TACA
    2009年 3月 24日 @ 20:43

    龍さん

    それ何回言ってんのよー。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

schleich Polar Bear

シロクマさんを机の上で飼っちゃおう。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP