きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

軍艦島ツアーですと?

Posted on | 2009年 4月 16日 | Permalink

【端島】
端島(はしま)とは、長崎県長崎市(旧高島町)にある島。かつては炭鉱が存在し、その外観から軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている。長崎市中心部から南西約19キロメートル、旧高島町の中心である高島から南南西約4.5キロメートルの海上に位置する。明治以降、島の周囲の埋め立てが繰り返し実施されており、海岸線は直線に近い形状をしている。面積約6.3ヘクタール、海岸線全長約1,200メートル、東西の長さ約160メートル、南北の長さ約480メートル。

なななな、なにぃ!なんと!軍艦島ツアーなるものがあるらしい!

軍艦島をご存知ですか?長崎県にある昔炭坑のあった廃墟の島です。廃墟好きにとっては聖地に近いものがあるでしょう。あ、私ですか?もちろん嫌いではありませんよ。こんな記事書いてる時点でバレバレですね…。廃墟写真集は数冊所有。軍艦島の写真集も持ってます。ちなみに廃墟を探検するとかはないです。

本題に戻ろう。軍艦島ツアーというのがあるらしいのです。今は無人島ですからふつう簡単に見に行くことなんて出来ません。漁船をチャーターして上陸うんぬんという話も聞いたことありましたが、今回ここまで大々的にツアーになっちゃってることにビックリ。

大学生の頃、九州をドライブ旅行したことがありましたが、軍艦島は陸から指をくわえてただ眺めていた記憶があります。このツアーを知って血が騒ぐのなんの。

軍艦島はあの狭い島の中に最盛期で5,000人もの人が暮らしていたといいます。エネルギー転換のため炭坑は閉鎖され人々は引上げてしまいましたが、その生活の痕跡が今もなお残されている場所です。ひしめき合うように建てられている建物とかすごいです。あの狭い空間に様々な施設や機能が備わりひとつの社会を形成していたといいますから、なにか人間の根本的な力強ささえ感じます。産業遺産として世界遺産への登録を目指す動きもあるらしく、なにげに熱いです。

うーんいいなー。憧れの軍艦島にいつの日か上陸してみたい。ぞくぞくします。

軍艦島ツアーインフォメーションデスク

関連する(かもしれない)記事


コメント

6 コメント - “軍艦島ツアーですと?”


  1. 2009年 4月 17日 @ 00:26

    すごぃ! 
    こぅ見えてアタシもこーゆーの興味あります。
    確かに行ってみたい!

    でも軍艦って名のつく場所ってたくさんありますね。

    まぁアタシの場合〜磯ですが^ロ^; 磯の場合、だいたいが〜形が軍艦に似てるからみたい^ロ^;

  2. TACA
    2009年 4月 17日 @ 00:42

    龍さん

    憧れの地です。
    もう見た目が軍艦そのもの。
    軍艦は軍艦でも、軍艦「土佐」なんだそうですよ。

    磯にも軍艦的なのがたくさんありますか?
    そう言えば、海岸道路から日御碕沖あたり見るとでかい軍艦っぽいのが見えるw


  3. 2009年 4月 17日 @ 00:50

    きみ!本当かい?(@_@;)
    その話〜またじっくり聞かせてくれ!
    軍艦にあがりたい?(^O^)/ 軍艦で大物釣りたい?(^O^)/
    すまん、取り乱した(-ロ-;)

  4. TACA
    2009年 4月 17日 @ 17:27

    龍さん

    どっちに食いついたんだ?
    軍艦「土佐」?
    日御碕沖の軍艦っぽいの?

    ともかく近々またお店行くと思いますのでよろしく。

  5. RALPH
    2009年 4月 25日 @ 15:26

    私も、沖縄に居ながら「めざましテレビ」に釘付けでしたよ!
    当然ですが、廃墟の中に入れないのは残念ですが、
    覗いてみたいですよね。

  6. TACA
    2009年 4月 25日 @ 21:12

    RALPHさん

    沖縄楽しんでこられましたか?
    結構長く滞在されてたようですねー。
    mixi日記うらやましく拝見してました(笑)

    僕もめざましテレビ見ました。
    軍艦島、非常に興味深いですね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

アカシアボウル

ナチュラルで、あと、この角丸な感じがたまりません。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP