きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

新緑の清流釣り堀

Posted on | 2009年 5月 5日 | Permalink

【清流】
(1)清らかな水の流れ。
(2)よい家柄。また、その出身者。
(3)清廉潔白な人。

ゴールデンウィーク満喫しております。今日は雲南市の山の奥にある秘密のちょっとイイ場所へ行ってきました。と言っても穴場中の穴場ってほどでもないのかも知れませんが。やまめの里という年に1回は行く渓流魚の釣り堀です。個人的には知る人ぞ知る隠れスポットとして存在してて欲しかったのですが、GW中の今日はかなりの人で混んでおりました。

調べてみると去年は6月に訪れていた模様。年に一度は行きたくなる場所なんですよ、ここは。釣り自体の楽しさやヤマメやニジマスのお味はもちろんのこと、立地というのがまた雰囲気があるのです。緑色濃いかなりの山奥で釣り堀の裏手にはきれいな清流がせせらいでいるような場所。癒されます。

このような山奥の立地にも関わらず、今日はものすごいお客さんでにぎわっており、いつものリラックスムードではなかったような気がしますが、なかなかの大物を釣り上げ自分的には満足。ちなみにやまめの里と言いますが、釣れるのはほとんどニジマスです。

私は学生の頃から何度となくこの場所に通いつめております。釣ったニジマスは釣り堀に隣接してる厨房で塩焼きと唐揚げにしてもらい、お座敷で美味しくいただきました。

さて、次は人の少ない時期を狙って行きたいもんです。紅葉の季節とかもいいし、冬の雪深い時もそれはそれで乙かも。みなさまもぜひに。

関連する(かもしれない)記事

コメント

4 コメント - “新緑の清流釣り堀”

  1. 神釜ちゃん
    2009年 5月 6日 @ 11:00

    釣り堀イイッすね?。
    塩焼きイイッすね?。
    ニジマス…食べたい…
    わたくしは、TACAさんが塩焼き食べてる頃
    山で友人と草刈りして汗かいておりました。
    そして流木をチェーンソーで、カッ切って
    おりました。
    そして何故か、海牛の煮つけを食べて
    腹ごしらえをしておりました。
    ある意味すごい一日だったりして?^^

  2. TACA
    2009年 5月 6日 @ 14:33

    神釜ちゃん

    それはお疲れさまでした。
    なんだかそちらも楽しそうっちゃ楽しそうですが。
    あと流木ホニャララの出来が楽しみです(笑)


  3. 2009年 5月 6日 @ 18:31

    きみ〜そこは年中やってるの?

    アタシはまた山女の刺身が食べたい?(^O^)/

  4. TACA
    2009年 5月 6日 @ 21:05

    龍さん

    一年中やってますですよ。
    真冬の積雪がすごい時に行った時も
    ちゃんと営業してた!

    大きい魚なら刺身も注文できるっぽいぞ。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

FISH PEN

AMAGOとか、きれいな魚なんですよ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP