きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

そよ風という名のステーションワゴン

Posted on | 2009年 7月 31日 | Permalink

【セフィーロ】
スペイン語で「そよ風」「地中海に春をもたらす西風」。Céfiro: 正しくはセフィロ、セーフィロ。英語のゼファー(Zephyr)に同じ。

ついに新しい車がやってきました。といっても中古車なのですが、春から車屋さんにお願いして探してもらっており、やっとこさ条件のいいのを見つけてもらったのでした。新しいマイカーは日産の「セフィーロワゴン」。もう10年も前に作られた車です。

前車のハイゼットからえらくグレードアップしてしまいました。セフィーロワゴンは一応エルサイズワゴン。全長が4800mmにもなりかなりでかいです。私、でかい車、結構好きなのです。

セフィーロワゴンはこのでかさとフォルムが好きですなー。とくに私は車のお尻フェチ(笑)でして、リア側から見た車の姿に惚れます。フロント側からの見た目よりなぜかリア側からの見た目にひかれてしまう私。セフィーロワゴンも例に漏れず、ちょっと斜め後くらいから見た感じがとても素敵なんです。あ、見た目だけでなくもちろん機能的にもいろいろと優れていますよ。

さて、以前にもトヨタのカルディナというステーションワゴンに乗っていたことがあったのですが、今回またステーションワゴンに回帰。サーフィンにスノボに便利なので、もともと基本荷物がたくさん積める車を好んでいたのですが、やっぱりステーションワゴンは何かと使い勝手が良いです。広大な荷室を見てると、学生時代の頃のように車中泊の旅に出掛けたくなるような気さえしてきますね(笑)

納車されて1週間ほどですが、ちょこちょこ試し乗りしてみたりしつつ、だいぶセフィーロワゴンの運転に慣れてきました。そもそも駐車している家の裏から出すのに一苦労します。車がデカい分、狭い通路を通すのに難儀しますね。でもだいぶん慣れました。

これからしばらくの間ともに過ごすことになるセフィーロワゴン。事故のないように楽しいカーライフを送りたいと思います。

セフィーロワゴン

関連する(かもしれない)記事


コメント

4 コメント - “そよ風という名のステーションワゴン”


  1. 2009年 7月 31日 @ 19:35

    納車しましたか(^-^)
    ステーションワゴン良いね(^-^)
    ベンツのステーションワゴンタイプ?も良いよ(о^∇^о)荷物いっぱい乗るし、広いし(^-^)

    さぁ旅に出よう?(^O^)/

  2. TACA
    2009年 7月 31日 @ 21:59

    龍さん

    巡り巡ってまたステーションワゴンです。
    ベンツはおれクラスには無理やなー(笑)

  3. 神釜ちゃん
    2009年 8月 1日 @ 20:22

    よかったよかった^^

    これで、ナインのボード積んで

    海に行けますな?って…

    TACAさん家なら歩いていけるか^^;

    でも、ほんと出掛けたくなるフォルムだ♪

  4. TACA
    2009年 8月 1日 @ 23:09

    神釜ちゃん

    じつはまだ荷室を拡張してみてないのですが、
    助手席まで倒せば一応9ftのボードも乗ると思います。

    ついつい出掛けたくなっちゃうのですが、
    若干燃費の懸念も…

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0マグカップ

フツウよりちょっといいフツウなんですよ。きっちり2本指が入るんですから。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP