きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

人体の不思議展をみてきた

Posted on | 2009年 8月 15日 | Permalink

【プラストミック】
プラストミック (Plastomic) とは、解剖学において使われる、献体された人間や動物の遺体、または遺体の一部(内臓など)を保存し、標本とするために用いられる技術の1つである。身体を構成している水分と脂肪分をプラスチックなどの合成樹脂に置き換え、顕微鏡レベルでの細胞組織の構成を殆ど保ったまま、素手で触れることができ、腐敗を起こしたり悪臭を発生させたりすることもない、人体や動物の標本を作り出すことができる。

松江のくにびきメッセで開催されている「人体の不思議展」に行ってきました。じつは松江へ巡回してくる前からこの催しにはぜひ行ってみたいと思っていたんです。

この「人体の不思議展」、なんと本物の人の体を使って作られた人体標本を間近に見ることのできる催しです。人体のしくみをリアルに実物大でそのまんま見ることができるのです。これは本当に貴重な体験。

会場に入るとまずは昔の芸術家が描いた人体解剖のスケッチなどを展示されたブース。前置きですね。これがあるからその後の標本展示ブースの衝撃をある程度やわらげてくれるのかも知れない。そう、実際の人体標本はやはり圧倒的なインパクトがありました。

標本展示ブースには筋肉や神経、骨格やら内蔵やらをむき出しにした人の標本がいくつもいくつも展示されておりました。想像はしていましたがその光景はやはりただ事ではない何かを感じずにはいられません。

展示されている標本はプラストミックという技術を使って作られているそうです。標本というと防腐のためのホルマリン漬けになったものを想像しますが、プラストミック標本は人体の水分や脂肪をシリコンに置き換えて固めるのだそうです。こうした標本は無臭ですし管理もしやすいのだそうです。

この標本をひとつひとつ順番に見ていくわけですが、まず人体の構造を観察しよう、とかいう考えの前に、「これ、本物なのかあ…」とか「さすがにちょっと不気味な感じがするなあ…」という思いを抱いたのが正直なところです。しかし生前にご自分の意思をもって献体になられた方々に対して、怖いとか不気味とかそういう言葉は僕には口が裂けてもその場で漏らすことはできませんでした。医学のためにその身を捧げられた方々の標本、その意思を思うとここで出来る限り何かを得て帰りたいという気持ちになりましたね。

会場では本当にいろいろな人体の部位を観察できる標本が展示されており、くまなく食い入るように見ました。骨格と筋肉の様子、内蔵の配置、人体の断面、病気の内蔵などなど。また、人間の脳の標本を手に取って感じることのできるブースもありました。全身の人体標本に触れるブースもありましたが、これはさすがに触ってみる気にはなれなかった…。僕たちは会場を一巡した後、さらにもう一巡繰り返して見ました。

「人体の不思議展」すごかったです。もうすごいとしか言いようがありません。「すごい」連発でした。だってすごいんだもん。人体の構造をいろんな角度から観察できた体験はとても有意義でした。おそらくこんな機会はめったにないでしょう。ここでもっとも正直な感想を言うと、人とはとても尊いものだなということかな。いろんな意味で。

僕らはフツウに生活していますが、この体の中にはじつに様々な器官が詰め込まれていてそれらの働きのお陰で人間は生命を維持できているのです。これはフツウのことではないです。奇跡に近いものがあります。人間の体、そして命ってとても尊いものだと思いました。

また生前にご自分の意思で人体標本になられた方々には本当に感謝したいです。その意思は果てしなく尊いと思う。献体された方々は今はもう亡くなり、命のない身体のみを持っています。僕らは彼らと同じ構造をした体を持ちつつも、その中に命を宿している。うまく言えないですが、この日、なにかひとつの死生観にも似たものが芽生えた気がしました。

たまたまお盆の期間中のことでしたが、偶然にも生と死についてより深く考えられる機会を得たと思います。そしてこれまた偶然にも、この日の夜は映画「火垂るの墓」がやっていたので見ました。言わずもがな…な内容ですが、もう命の大切さを考えられずにはいられない日となりました。

「人体の不思議展」

関連する(かもしれない)記事


コメント

Comments are closed.

書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

BIRD LAND

こいつら、かわいくない?

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP