きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

原点に戻る

Posted on | 2009年 12月 7日 | Permalink

【原点】
(1)長さなどを測る時の基準となる点。
(2)そこから物事が出発した、基本となるところ。
(3)〔数〕〔origin〕座標を定める基準の点。数直線では目盛り 0 の点、平面座標・空間座標では、座標軸の交点。

母方の叔父がようやくパソコンを買ったので、昨日はいろいろ設定やら使い方のレクチャーをしに母の実家へ行ってきたのですが、もうここ何年も行ってなかったのですごく懐かしいったらありゃしない。

子供の頃は夏休みとか長い休みごとに泊まりに行っていたんですけど、最近はしばらく行ってなかったんです。祖父母にも会いに行きたいなあとは思っていたんですけど、忙しくしてたりと、ずっと機会を逃してきてたんですね。

山奥の田舎ですが、考えてみればこの場所にはすごく思い入れがあるんですよ。叔父さん夫婦には子供がいないので、姉の子である僕たち兄弟はとてもかわいがってもらいました。もちろん祖父母や叔母さんにもかわいがられましたが、中でも叔父さんには、望遠鏡で星を見せてもらったり、カブトムシ取りに行ったり、キャッチボールをしたり、ドライブに連れて行ってくれたりと、本当にかわいがってもらった。やさしくて多趣味で博識で活動的な叔父さんは僕の尊敬する人でもありました。父よりも尊敬していたかもしれないです。

そんなことからも、叔父さんがいる母の実家に行くのは楽しみなことでもありましたね。私の子供時代を象徴していると言うとちょっと大げさだけど、幼少の自分に対してとても影響を与えてくれた場所であることは間違いないと思います。

で、昨日ふと思ったのは「原点に戻る」ということ。ふっと頭をよぎったんですよね。

「原点」という言葉も深すぎていろんな意味を持ってると思いますけど、自分がゼロに戻れる場所、今の自分を形成したかもしれない最初の点という意味で、ここも僕の「原点」のひとつなような気がしたのです。

正確には「原点」がいくつもあるとおかしいのかもしれないけど、実家の他に、今の自分を作った始まりの場所のひとつであるように思っているので。これは母親の実家だという意味ではすごく当たり前のことかもしれませんけど、そういうの抜きに自分が素直な気持ちに戻れる場所が母の実家なんです、たぶん。そういう意味でひとつの原点。

ここは「原点」なんだって思った瞬間からなんだか少しだけ心身が軽くなったような気がしてて。「Back to the basic(基本に戻れ)」じゃないけど、何かもやもやしたりこんがらがった時は一度原点に戻るべきなのかもしれません。なにかスーっと気持ちが楽になる感覚を覚えました。

なんか曖昧なつぶやきですみません。昨日はそんな日だったのです。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “原点に戻る”

  1. O'Sho
    2009年 12月 7日 @ 23:01

    原点があるなんて、素晴らしいですね。

    叔父さんの家には、懐かしい匂いがあるんでしょうね。
    特に空気が乾燥してるから尚更よく感じるんでしょうね。

    素晴らしい事だと思いますし、とても羨ましいですよ。
    そんな場所が今でも残っている事に。

    O’Sho

  2. TACA
    2009年 12月 8日 @ 01:24

    こういう季節だからよけいに感性が高ぶってるのかもしれませんが、自分の原点のようなものを感じてしまいました。

    戻れる原点があるって幸せなことかもしれませんね。

    久しぶりに来てみて改めて感じたのですけど、O’Shoさんにも無意識の原点をお持ちなのではないでしょうかね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Leaftie

ごちゃごちゃケーブルはキュートに束ねて。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP