きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

瑞穂ハイランドへ一人で行ってきた

Posted on | 2010年 2月 9日 | Permalink

【highland】
高地。高原。

瑞穂ハイランド

月曜日、瑞穂ハイランドへスノーボードを楽しみに行ってきました。一人で。

一人でスノボというのは自分的には全然フツウなんですが、傍からみたらちょっとさみしい人に見えるんでしょうかね。平日に一人で滑りに行くことはとても贅沢なことでもあるんですよ、私の中では。もちろん仲間とワイワイ滑るのも好きですよ。一人スノボのメリットは自分のペースで好きなコースを好きなだけ思う存分堪能できることでしょうか。土日祝祭日は人が多くてたまりませんので、行けるなら平日を選んで行きます。

瑞穂ハイランド、近場では一番好きなゲレンデです。コース、設備、雪質などなどエリアでもかなり良い方なんではないでしょうか。一人スノボはぜひそんな瑞穂で過ごしたいという気持ちも強いわけですよ。

ですが今回はあまりコンディションは良くなかったです。あまりと言うかかなり。例年この季節では珍しく暖かかったため時々雨が降ってきてしまったのですよ。これには少しブルーになっちゃいましたね。雨が降るくらい温度が高かったので雪もベトベトぎみでした。うーん。それからさらに、山頂付近は時々激しくガスってて視界が悪いのなんの。さらにさらに、ハイランドサイドの頂上付近は猛烈な風が吹いておりバレーサイドへ向かう時にえらく苦労しました。…と、かなりのバッドコンディション。むー。まあそんな四重苦にもめげずに頑張って滑りまくりましたけども。

そうそう、今年の瑞穂のスノーパークはすごいことになってました!昨シーズンまではナスターコースに設置されていたんですが、おそらく今シーズンからでしょうね、スカイラインコース全域にわたってかなりの数のアイテムが設置されていました。しかも中にはかなりハイレベルというか、凡人からしてみたら頭オカシイんじゃないの級のアイテムがいくつか。とりわけぶったまげたのが、下の方にあった巨大なキッカーでした(下の写真)。

巨大キッカー「松風」

これちょっと大きさ分かりにくいかもしれませんが、上から滑り降りてくる人のサイズと比較してみてくださいね。でかいでしょ?ムリです。赤ペンキでデカく「松風」って書いてありました。クレイジーですね。無理です。

瑞穂にはハーフパイプもあるんですが、こちらはちょこっとだけ遊ばせてもらいました。当然プロのような腕前はございませんので安心してください(笑)

あ、それから、ワンシーズンぶりに来た瑞穂ハイランド、いくつか気づいた点がありましたね。

ひとつは、ゴンドラ麓駅のお店街で薪を焚く匂いがしたこと。木を燃やす匂いってなんだかホッとしませんか。僕は好きです。飲食店があるのですが、薪を使って調理してたりするのかな。

もうひとつ。たぶんパークのそばだけだったのかな、今シーズンはゲレンデで音楽を流していました。確かこれまで瑞穂ハイランドは、自然との調和を考えて、みたいコンセプトで、音楽は一切かけないというポリシーだったと思ったのですが、今年はそれを変えてきたようですね。ヒップホップとかレゲエとか20代くらいの若者が好みそうな曲が多かった気がします。これは好き嫌い、賛否両論あると思いますけど、僕的には当初のコンセプトを貫いて欲しかったかなー、という考え。

今回は中の飲食店を利用してませんが(貧乏人は車内でカップラーメン)、もしかしたら年々趣向を変えていろいろ工夫されてる部分があるかも知れませんね。ちょっと高いけどまたいつか利用したいですね。

さてさて今回はコンディションに恵まれませんでしたが、基本的に僕は瑞穂ハイランド大好きです。もう10年ばかり通ってますけれど、今後もずっと滑りに行きたいゲレンデですね。中の人、がんばってください。

関連する(かもしれない)記事


コメント

3 コメント - “瑞穂ハイランドへ一人で行ってきた”


  1. 2010年 2月 12日 @ 20:19

    へぇ〜。一人で行ったんだぁ(*´∀`*)一人も良いよね。アタシも人と違う休みだと、どこ行っても人が少ないから良い(o^∀^o)ヘタに日曜の休みって嫌だ。やたら人がいるし、思うように動けない( -_-)
    君もたまには良いことじゃん(o^∀^o)
    また平日に動いてみるだわ(o‘∀‘o)

  2. TACA
    2010年 2月 12日 @ 20:43

    龍さん

    マイペースで楽しめるから一人スノボもいいものだよ。
    龍さんも「お一人様」結構やってそうだよね(笑)


  3. 2010年 2月 13日 @ 00:25

    こら( ̄□ ̄;)!!
    お一人様ってやめなさい!でも一人は良い(*´∀`*)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

10Key Culculator

すっごくテンキーな計算機。欲しいなあ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP