きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

オロチのヤマダくん

Posted on | 2010年 7月 17日 | Permalink

【ヤマタノオロチ】
ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)は日本神話に登場する伝説の生物。八岐大蛇は『日本書紀』での表記。『古事記』では八俣遠呂智と表記している。高志之八俣遠呂知。8つの頭と8本の尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤で、背中には苔や木が生え、腹は血でただれ、8つの谷、8つの峰にまたがるほど巨大とされている。

いきなりですが、第4回しまねTシャツフェスティバルで佳作をいただきました!ありがとうございます。上には上がおられるのですが、佳作、十分うれしいです。応募するのは2回目なんですけど、じつは前回も佳作をいただいちゃったという。佳作どまりで悔しいとか、ぜんぜんそんなこと思っていませんよ(笑)。2回も佳作をいただき天にも舞い上がる思い。

しまねTシャツフェスティバルでは島根をテーマとしたTシャツデザインを募集されます。今回、僕が応募したデザインは、ヤマタノオロチのキャラクター。前回もかわいいキャラクターで応募したんですが、今回もその路線です。かわいくなってしまったヤマタノオロチ、その名も「オロチのヤマダくん」です。しょうもなくてスミマセン。

オロチのヤマダくん

随分すっとぼけた感じで恐ろしさの片鱗さえありません。そして小脇に抱えた石見銀山の丁銀。かなり無理矢理に島根でスミマセン。

賞状と景品のミニTシャツ

先日、松江で授賞式があったそうなのですが、家の用事があり行けませんでした。そしたら、後日、でっかい封筒が届いた!開けてみると賞状と景品が入っていましたよ。うーん、やっぱうれしいなあ。この景品のTシャツはすっごいミニサイズなので着れないんですが、とても記念になりますね。ちょっと線が太いのは印刷の都合だろうかな。えーと、甥っ子、これ着れないかしら。。。(無理)

関連する(かもしれない)記事


コメント

6 コメント - “オロチのヤマダくん”

  1. のたた
    2010年 7月 17日 @ 08:05

    おめでとうございます。

    Tシャツはどこで買えるのですか?

  2. TACA
    2010年 7月 17日 @ 14:07

    のたたさん

    ありがとうございます。
    Tシャツの販売ですが、フェスティバル期間中、会場でのみのようでした。

  3. のたた
    2010年 7月 17日 @ 15:20

    そうですかぁ。。。

    残念。

    もしどっかで買える情報があればお教えください。

    Tシャツ収集家としては欲しい一品です。


  4. 2010年 7月 17日 @ 20:33

    すごい(o‘∀‘o)黙ってるなんて(@_@;)
    でもすごい!どんな賞だろうが審査員の目にとまって気を引けることがすごい!
    頑張れ!どんどん応募しなさい(^ .^)y-~~~

  5. TACA
    2010年 7月 18日 @ 17:46

    のたたさん

    ありがとうございます。
    もし分かればお知らせいたしますね。

  6. TACA
    2010年 7月 18日 @ 17:47

    龍さん

    ありがとう。
    応募してみるもんですねー。
    今後も機会があればいろいろ出してみたいですよ。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

HOLGA

トイカメラの王様。このチープさがどうしようもなく愛しいのです。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP