きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ひとり瑞穂ハイランド

Posted on | 2011年 12月 30日 | Permalink

先日、出雲の平野部でもちょっと雪が積もりましたが、その後、さくっと一人で雪山行ってきました。行き先は瑞穂ハイランド。近年はもっぱらココですね。車でだいたい1時間半から2時間くらい掛かります。

僕はよくひとりでスノーボードしに行くんですが、自由気ままに自分のペースで滑れるので好きなんですよね。スノーボーディングを楽しむだけじゃなく、雪山の自然の美しさをじっくり堪能できたりしますしね。そんな状況を活かして今回は結構たくさん写真撮りました。iPhone 3GS なので画質はまあそんなに良くないですけど。Instagramにも投稿したものですが、記事中にいくらか載せてみますね。

さて、12月27日の瑞穂ハイランド、積雪はだいたい1mくらいだったっぽいです。その前のの週末にたくさん雪が降りましたけど、この日は時折細かい雪がぱらつく程度。山頂付近はガスってましたが無風でした。雪質は、まだ12月ということもあり、パウダーとまではいきませんがまずまずでしょうか。バレーサイドもオープンしていましたが、タタミコースがまだクローズだったのはちょっと残念。

ハイランドサイドの駐車場からは一気にゴンドラで標高1000m以上の山の上へ。
ゴンドラ

瑞穂ハイランドは山の麓ではなくて一番高い所に初心者にも適したなだらかなコースがあります。初心者にも人気のビーチコース。平日ということもあり人は少なかったです。ちょっとガスってる感じ。
ビーチコース

これもビーチコース。ちょっと晴れ間が出てきた。
ビーチコース2

ハイランドサイドとバレーサイドの境界付近、阿佐山の山頂付近。
山頂付近

雪の造形、いろいろ。ちょいスノーモンスター。
ちょいスノーモンスター

青空に樹氷。
樹氷

雪見だいふく。
雪見だいふく

場所はバレーサイドへ移りまして、かなりの斜度を持つビッグモーニングコースを中ほどから見上げたところ。一番上の方はコブ斜面になってます。
ビッグモーニング上部

こちらはビッグモーニングのスタート地点から下を見たところ。ちょっと霧で霞んでますが、コブのある急斜面、その向こうが落ち込んでいて見えなくなってる。そのまた奥にうっすら見える長いコースが続いています。
ビッグモーニングコブ斜面

今度は下向き。結構な急斜面だというのがわかりますかね。ちょっと斜度が緩みつつあるあたりから一気にスピードに乗って滑走!エキサイティング!
ビッグモーニング下部

雪山の景色、遠くの山々。
バレーサイドのリフトから。
バレーサイドのリフトから

リトルモーニングから遠景を望む。
リトルモーニングからの遠景

ビッグモーニングからの風景。Instagramのフィルタのせいでピンクっぽくなっております。
ビッグモーニングからの風景

ハイランドサイドのとある休憩・お食事施設。なーんかいい雰囲気の建物ですなぁ。
ハイランドサイドの建物

まだまだムダにたくさん写真撮ってしまいましたが、とりあえずこのくらいで。

滑りの方は、シーズン初滑りでしたがとくに怪我などもせず、自分の好きなだけ楽しく滑りました。人もわりかしすいてたので良かったですね。多少マナーの悪い人たちもいたんですけどね…。

あ、あと、余談ではあるんだけど、結構たいへんな感じの現場を見ちゃったかも。大きめのキッカー?テーブルトップ?要はジャンプするアレなんですけど、その少し下の所で倒れてる人がいて仲間とパトロールスタッフに取り囲まれてた。ちょっと様子をうかがってたんだけど、その人ピクリとも動かないもんだから…。その後、搬送用のそりで運ばれて行ったんだけど、もしかしてかなりの重症か、もしくは…、と無性に心配になりました。うむむ。

この日はたっぷり滑って結局ゲレンデが閉まる16時半までギリギリ楽しみました。一人の時はだいたいそうなのですが、帰途、川本町の因原のコンビニでフランクフルトを買って食べます。なぜかこれがひとつの楽しみになってしまっております。その後は大田まで返ってきたところでラーメンでシメ。これがある種、パターン化してしまってる感じ。一日寒い中にいた後のあったかいラーメンは最高なのですよ。

醤油ラーメン唐揚げセット

今シーズンはあと何回行けるかな。ひとりもいいんだけど、次は友達とわいわい滑りたいかな。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “ひとり瑞穂ハイランド”


  1. 2011年 12月 31日 @ 21:09

    あんた〜いきなさったのかい?(o‘∀‘o) あんたも気をつけてやりんさいよ(^ .^)y-~~~

  2. taca
    2012年 1月 1日 @ 01:33

    龍さん

    早速行ってきましたわ。ケガはしたくないので昔よりもずっと安全に気をつけて滑るようにしてるよー。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0マグカップ

フツウよりちょっといいフツウなんですよ。きっちり2本指が入るんですから。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP