きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

デザイナー梅原真の信念

Posted on | 2012年 2月 24日 | Permalink

先日放送されたNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」梅原真さんの回を見ました。僕もデザインを仕事にするものの端くれですが、とても心を打たれるものがありました。

梅原氏は、今では衰退しつつある地方の第一次産業に焦点を合わせ、ヒット商品を世に送り続けています。大金を積まれるから仕事を引き受けるのではなく、梅原氏は、依頼人の本気度を見て仕事を引き受けるとのこと。志を持って本気で取り組むものにデザインの力を貸し、生産者と消費者がつながるパイプを作る。そんな主義を通す梅原氏ですが、彼もまたひとつの志を胸に宿しているのですね。だからこその、この流儀になるというか。

その志とは…、梅原氏がなぜ地方の農林水産業に関する仕事ばかりするのかというと、その根底には「日本の風景を残したい」という思いがあるからだというのです。第一次産業を盛り上げて地方を活性化しようというのはよく聞くのだけれど、梅原さんの言葉はもっとストレートに心を打ってくる感じ。ぐっと来た。番組中では涙を流しながら語っておられるシーンがあり、すごく熱いものが伝わってきました。

確かに産業って風景と密接に関わっていて、その形態や盛衰で変化してしまうものだと思う。僕、学生時代にじつは地理学というのを専攻していたのでよくわかるつもりです。産業を守ることは風景を守ることになるでしょう。それに、景観的なこと以外に、「人」の風景っていうのもあるんだろうなあと思う。そういう意味では、梅原氏はコミュニケーションも含めてうまくデザインする印象もあります。

昨今のデザインというのは、やたら小手先の技術を使って奇をてらうものがあったり、へんに新しい潮流を無理矢理作り出そうとするものであったり、そういうものがまったくダメということではないんだけど、何か不自然さはあると感じます。梅原さんの活動はなんというかすっと腑に落ちるというか、良いものは良いし、良い風景を守りたい、みたいな、なにかとてもシンプル。分解しようのないシンプルな考え方。この考え方ってデザインの未来のカタチなのか、はたまた原点なのか。梅原氏も迷いの時期を経てここへたどり着いたといいます。

梅原真氏は素晴らしいデザイナーです。もう少し彼の仕事を研究してみたいなと思っているところです。

4904702123
ニッポンの風景をつくりなおせ?一次産業×デザイン=風景

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

STUDIO PENDANT LIGHTT

業務用っぽいものって、なんかカッコいいんだよね。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP