きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

6周年らしい

Posted on | 2012年 6月 1日 | Permalink

ライトグラフ

なんか、6年経ったらしいですね。今のこの仕事始めてから6年らしいです。計算してみたら。6月1日がそういう記念日みたいなものなので、毎年恒例、一応立ち止まってみてます。

屋号をライトグラフと名付けてWeb制作の仕事を一人で始めてちょうど6年です。2006年の6月1日に始めてるっぽいです。他人事みたいですが、6年も経つとなんか客観的に思えるあの頃なのです。今もまだ全然がむしゃらに走ってますが、ある程度時間が流れて振り返るとあの頃が妙に冷静に眺められるものですね。

6年と言ったら小学生が卒業しちゃいますね。そんな6年間、いろんな考えをしたり、試みてみたり、たくさんの人に助けられながらやってきました。周囲の人たちのお陰さまというのは大きくてとても感謝しています。振り返ったら結構たくさんウェブサイトを作ってきたもんだなと、今、Mac内の仕事データのフォルダを開いてみて感じています。

これまで、自分がなんとか食べれるだけ稼がせてもらえればいいか、なんて思っていました。好きなことを仕事にできてて、こじんまりとやっていけてればいいかななんて。

でも、最近、ちょっとした心境の変化があって、それは、自分の技能や仕事を通して世間や社会になにか貢献できないか、なんて考えはじめたこと。いや、まだ、芽生えはじめた程度ですよ(笑)もちろん自分に余裕があるわけでもないんですけどね。

そういう考えにいたったのは、今年に入りふと思い立って、たくさん人に会うようになってからかなと思います。で、そうするといろんな方がいらっしゃるんですよね。大きな会社をやっている方、珍しい分野のお仕事をされてる方もいれば、ボランティアやイベント活動をしている方もいるし。そういう方たちの多くは根本に何か芯があるんだなと感じました。それがたぶん信念とか理念というやつかもしれない。

今こんな不安な世の中で、少しでも、間接的にでも、何か自分の力を役立てられたらいいかななんて思い始めています。後付けになっても、自己満足の大義名分でもいいから何か指針となるものを持ちたい。そういうの、ホントは立ち上げる前にしっかり持っておくのが当たり前なのかも知れませんし、とても今更感がありますけれども。でも、そういうの何気に大事で、もしかしたらそれが今後の原動力になる気がしています。

ありきたりかもしれないけれど「デザインとインターネットを使って何かと何かをつなぐ」ということを掲げたいです。人と人かもしれないし、人とモノかも。わかりやすくつなげたい。伝えたい。ぼんやりとしたものです。関節的かもしれないです。広い意味になっちゃいます。僕に出来ることは地味で小さなことなのかも知れません。ちょっとした意識の問題なのかもしれません。それでもひそかに基盤となる大きなテーマは持っていたいと思っています。

とかなんとか、いかにもなきれいごとっぽくなってしまったけど、まあ、そんな大げさなものじゃなく、本当は、ただ自分にできることの可能性を個人的に見つけにいきたいだけなのかもしれません。

それに、結局は個別の案件ときちんと向き合って丁寧に仕事を進めていくっていうのが、世間へ貢献することに繋がるのかなとも思います。とにかく、フットワークは軽く!動かす手は速く!でも謙虚に丁寧に、どんどんいろんなことにチャレンジしたいです。

僕が好きなMr.Childrenの曲のひとつに「彩り」っていう曲があります。その歌詞の一節に「僕のした単純作業が、この世界を回り回って、まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく」っていうのがあるんですけど、そういうことを感じながら仕事をできたらたぶん幸せなんだろうなあとか思います。

とりあえず、そんな気持ちで7年目、進んでいきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

B000FQ5FF4
HOME(通常盤)

関連する(かもしれない)記事


コメント

4 コメント - “6周年らしい”


  1. 2012年 6月 1日 @ 03:52

    6年もたったんだぁ。確かに小学校卒業だけど、生まれた子が小学校入学するんじゃないか? 

    人との出会いも『今、必要だから出会う』ようになってるらしい!
    だから沢山の人に出会ってる意味があるんだよ。感謝だね(^-^) 
    そして、君の考えてること、目標、アタシは応援するよ!見守ってるからね。 
    無理せず頑張れ!

  2. taca
    2012年 6月 1日 @ 11:22

    龍さん

    ありがとう!ホント生まれた子も小学校に行っちゃうよね(笑)我ながらよく続けられたわー。

    今までもいろんな人と関わらせてもらったし、これからもたくさんの人に出会って刺激を受けたいと思ってるよ。ほんとに無駄な出会いなんてないなぁって思います。

    まだまだな自分だけど今後ともよろしくね。

  3. tanao
    2012年 6月 22日 @ 18:32

     素敵ですねぇ。私もパソコンを触り始めてtacaさんと似た思いになっています。私には技術がまだないので、企画にすぎません。それから、まだ仲間がいません。
     もっとスキルも心も感性も磨いていきたいと思っています。

     応援しています。

  4. taca
    2012年 6月 23日 @ 18:17

    tanaoさん

    ありがとうございます!
    僕もまだまだこれから学びたいことだらけですが、
    少しずつでも自分にやれることが出来たらいいなと思っています。

    tanaoさんの今後も楽しみですね。
    僕も応援してます。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0マグカップ

フツウよりちょっといいフツウなんですよ。きっちり2本指が入るんですから。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP