きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ホタルを撮影してみたよ

Posted on | 2012年 6月 14日 | Permalink

山陰地方も先日頃から梅雨に入ったようですが、梅雨といってもそれほど雨降りませんね。雨降らないうちに…と思い立って、出雲郊外の某所へホタルを撮影しに行ってきました。数日前にも偵察しに来てたんですが、川の両側にホタルが群がっているのを橋の上から眺められるようになってるスポットです。

それと、偶然なんですが、先日初めて参加させてもらった原さんの写真クラブのメンバーのお一人にばったり出会いました。暗い場所なので最初はそうとも知らず挨拶して、「そちらも撮影ですか〜」とかなんとかポツポツ会話を交わしてたんですが、会話の節々からか、声色で分かったのか、「もしかして…」となって「あーーー!」。もう、これがトレンディドラマ(古)なら…

♪ツクツーン(東京ラブストーリーのあれ)

いや、何も芽生えませんよ…。そもそも男の方ですけどね…(笑)しかし、約束もしてないのにまさかホタル撮影でお会いするとはビックリです。聞けばお住まいがここの近所なのだとか。それからしばらく写真の話とか、ホタルはあそこがいいとか、いろいろ談笑しながら撮影したりしてました。思いがけず楽しい時間となりました。

ところで、僕はホタルを撮影するの、たぶん今回が初めてなんですよ。あらかじめざっとした知識を頭に入れてきたつもりですが、やっぱりというか、付け焼刃じゃダメですね。ある程度、経験が必要だと思う。

それに、初歩的ミスというか、長時間露光時のノイズ低減機能をONにしてなかった為に、輝点ノイズが凄まじいことになってしまいました。。ミスというか、5Dであんまり長時間露光撮影なんてしてこなかったので、この機能をONにする必要性をこの時初めて知ったという感じ。まさか、こんなにノイズがヒドイとは思いませんでした。。

↓こんなの。赤とか青のドットが画面全体に出るんです。。

輝点ノイズ

現像ソフトでノイズリダクションをかけてある程度ノイズは取れるんだけど、今度はシャープさが失われてねむたい写真になるんですよね。なので、目立つ輝点が除ける最低限のノイズリダクションを適用して、あとは地道にコピースタンプで補修。

ちなみに、撮影場所の条件もあんまり良くはなかったのも厳しかったです。偵察時から気になってはいたんですが、ちょっと街灯が明るすぎる。聞けば、橋に一番近い街灯はここ最近設置されたらしく、これまでよりもさらに明るくなってしまったらしいです。うーん。。あと、川に並行する道路も時々車が走るんですが、車のライトがホタルのいる河原を照らしちゃうので撮影を邪魔されることもしばしば。それから、ホタルの飛んでる位置が、撮影してる橋から少し遠いんです。もう少し近くから撮れたら良かったんですけど。

と、さんざん言い訳。そんなこんなで、なんとかギリギリお見せできそうかなっていう写真が結局は2枚ほどです。そんなもんなんでしょうね。今回は練習ということで。

ホタル1
焦点距離:75mm, 絞り:F2.8(開放), ISO:800, 露出時間:32秒

ホタル2
焦点距離:75mm, 絞り:F2.8(開放), ISO:800, 露出時間:32秒

カメラの近くも飛んで欲しかったなぁ。難しいですね。また挑戦したいとこです。写真もいいですが、おびただしいホタルの光、生で見てもとても幻想的でしたよ。

関連する(かもしれない)記事

コメント

2 コメント - “ホタルを撮影してみたよ”


  1. 2012年 6月 15日 @ 01:56

    蛍みてきましたぜ(o‘∀‘o) 
    すごく幻想的でしたぜ(o‘∀‘o) 
    最高(^O^)

  2. taca
    2012年 6月 15日 @ 02:00

    龍さん

    お、見に行ったー?
    そっち方面もわりとホタルスポット充実してるよね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

CANON EOS 5D

空前絶後、稀代の名機。価格もこなれてきたところで、さあレッツ5D。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP