きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

映画「幸せへのキセキ」を観たよ

Posted on | 2012年 6月 28日 | Permalink

ちょっと前に映画「幸せへのキセキ」を観ました。簡単に感想。

妻を亡くした二人の子持ちの父親が動物園付きの家に住みはじめ、閉鎖されていた動物園の開園に向けオーナーとなって奮闘するっていう話。この間観た「ファミリー・ツリー」もそうだったんですが、問題を抱えていた家族が徐々に良い状況を取り戻していくっていう話です。

いい映画でしたよ。邦題は一番最初に目にした時から、なんだかなぁって思いましたが…(ちなみに原題は「We bought a zoo」)。見終わった後には爽やかであたたかい気持ちになれます。派手なことはそんなになくて淡々と物語は進んでいくんだけど、全然つまらないとは思わせないし、役者の演技や撮り方なんかがしっかりしているんだと思います。

失われた過去にとらわれるんではなく、過去の良い思い出を糧にして前に突き進んでいくっていうとても前向きなテーマを感じます。過去の幸せがあるから、未来への新しい一歩を踏む勇気を持てる。「20秒間の勇気を持とう。そうすれば素晴らしい事が起きる」なのです。亡くなった奥さんとの思い出が映像で流れまくるシーンはジーンとくる。なんかそういうものがいろいろオーバーラップして、それらを受け止めて新しい力にしてる感じがする。

主人公の父親役はマット・デイモンですが、最近の勝手なイメージとしてはアクションものが多い印象があるんですけど、こういう人間ドラマを演じるのもなかなかいいですね。息子と激しい口論をするシーンの演技とか個人的には良かった。

あと、娘役の小さい女の子もなんかイイ。ちっちゃいくせにませた感じのセリフとか言ったりするんだけど、なんか表情とかかわいいんですよね。それから以前「SUPER8」に出てた女の子も出演してたんだけど(本作ではリリー役)、彼女は個人的にはちょっと注目な女優さんかもです。

今回はこのくらいで。ではまた。

映画「幸せへのキセキ」

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Saito Wood

どんなお部屋にもマッチ。木目が素敵すぎ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP