きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

山の家にて

Posted on | 2012年 10月 11日 | Permalink

9月の最後の土日に友達の別荘で飲み会をしました。この場所は何度もおじゃましてるけど、森の中にひっそりとしていて静かでとても落ち着く山の家です。

いつもならバーベキューっていうのが定番なんだけど、たまには趣向を変えようや…ってことで、今回はちょっとした料理を作って飲もうと。で、僕が担当したのはダッチオーブンでつくるグラタン。以前、友達にダッチオーブンをプレゼントしてもらってたんだけど、当の本人にまだ一度もこのダッチオーブンでつくったメニューを振舞ったことなくて、せっかくだからぜひ食べてもらおうと思ったのがきっかけです。

山の家の真ん中には囲炉裏があって、ここで炭火を起こして調理させてもらうことに。ダッチオーブンでつくるグラタン、正確に言うと、スパイシーミートソースとマッシュポテトのグラタン(でいいのかな?)はこれまでにもう5回くらいは作ってる気がします。というか、ダッチオーブンではこれしか作ってない気がする。グラタン専用ダッチオーブンと化してますね。。でもそれだけつくり慣れてきてて、最初頃の出来より徐々に上達してきてます。

スパイシーミートソースとマッシュポテトのグラタン
出来上がり図。チーズに焼き色がちゃんとついてて美味しそうでしょ。鍋が深いのでちゃんとグラタン表面まで熱を伝えるのに乗せる炭の量とか試行錯誤があったのだ。

グラタン
ミートソースはチリパウダーやパプリカパウダーを入れていてちょっぴりスパイシーな風味。底の部分はちょっとおこげになっててこれがまたうまい。

ご馳走
友達が他の料理を担当してくれました。中華風サラダや、お酒のおつまみに合いそうなのいろいろ。写真にはないんだけどこのあとパエリアも登場!

囲炉裏で鮎の塩焼き
そうそう、友達がもらってきたっていう鮎も。囲炉裏で塩焼きにして食べました。最高。

栗拾い
これは栗拾いに出掛けたとこをベランダから。敷地の中に栗の木があるんですって。

焼き栗 on ダッチオーブン
で、焼いて食べました。なぜかダッチオーブンの上で焼いてるっていう。。

団欒
楽しい時間。テレビもなく静かな山の家。笑い声だけが響く。

山の家、上から
あ、山の家の中、上から見るとこんな感じ。素敵なログハウスです。

コーヒー
友達がおいしいコーヒーを入れてくれました。こだわりのネルドリップだそうです。

ワイワイと深夜まで飲んだり話したり。楽しい仲間、おいしいお酒とごはん。それ以外はたいして何もないんだけど、とても楽しくて有意義な時間でした。こういうのが贅沢っていうんだろうなあ。

翌朝
翌朝。

朝食
眠たい目をこすって、朝食。

あぁ、楽しかった。またやろう。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “山の家にて”


  1. 2012年 10月 13日 @ 21:12

    良い! こういうの良い!好きだなぁ(*´∀`*) 
    たまにやるから良いねかもね。毎日なら当たり前になってしまうけど、たまのことだから新鮮かも。 
    なんか良いねぇ(*´∀`*)

  2. taca
    2012年 10月 15日 @ 02:07

    龍さん

    いいでしょ。場所のお陰で飲み会の楽しさが増してるかもね。そんなに滅多にここへ来れるわけじゃないのでよけいに特別感があるね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

YUEN'TO

をぉぉっ!これはたまげた。なかなか洒落てるねぇ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP