きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

韓竈神社へお参りしてきました

Posted on | 2013年 3月 5日 | Permalink

日曜日、韓竃神社(からかまじんじゃ)へはじめてお参りしてきました。

韓竃神社は出雲北山の奥にあります。小さな神社ですが、近年テレビで紹介されたりしておりにわかに脚光を浴びてましたね。自分もわりと最近まで知りませんでした。

場所は鰐淵寺の近くです。海側から鰐淵寺方面へ入り、鰐淵小学校付近で鰐淵寺とは別の方向の道を進みます。くねくねと奥の方へ入っていくのですが、ちゃんと韓竃神社を案内する看板が所々出ていました。

この韓竃神社、北山の奥の奥に鎮座しているということもあり、参道が結構険しいということを聞いてまして、トレッキングシューズを装備するなどちょっとした山歩きスタイルで参上。

韓竃神社鳥居

韓竃神社鳥居。不規則な段差の石段はかなりの急角度になっており、踏み外そうものなら転げ落ちて一番下まで止まらないんだろうな・・・

深い森

石段を登っていくと木・木・木。深い森。

岩や木

荒々しい岩や木々。

根っこ

木の根っ子が不気味に渦巻く。

かすかな日光

日の光も十分に届かないので苔むしまくってる。

参道沿いにはロープや手すりなどが設置されていて、それを頼りに登っていきます。下から上を見上げた時点では社的なものは見えませんでしたが、鳥居から10分か15分くらい登るとなにやら大きな岩にぶちあたります。そして、じつはこの岩の向こうに韓竃神社の社が鎮座しています。この大きな岩には亀裂のような穴が空いていて、ここをくぐって向こう側へ行くようになってるのですね。これはすごい。

岩の隙間を通り抜ける

これはたぶん太っている人は通り抜け困難かもしれません。リュック的なものを背負ってる場合にも邪魔になるかも。狭くて足元も滑りやすいです。

韓竃神社の社殿と岩

岩の隙間を通り抜けたところに韓竃神社の社殿があります。こじんまりしていますが、こんな険しい立地にある神社、神秘性を感じずにはいられません。

岩と木に覆われてる

見上げても木と岩しか目に入ってこない感じ。覆われていて神社周囲は薄暗いです。

社殿には芳名帳みたいなノートが置かれていて記念に名前を残しておきました。パラパラめくるとたくさんの人達が名前を残したり、お願いごとが書いてあったりたりしました。こんな険しい山奥の小さな神社という条件ですが、この日は日曜日ということもあってか、短時間に数組の参拝客ともすれ違いました。テレビなどで注目を集めたというのもあるかもしれませんが、何かしら人を惹きつける力があるのかも知れませんね。僕もそのひとりだけど。

あ、そうそう、気になったのは神社ですれ違ったスーツで革靴のお兄さん。すごいなぁと思った。その格好で登ってくるとはね。。こっちはトレッキングシューズまで履いてるんですけどね。。

全然ノーチェックだったのですが、韓竃神社付近で良い雰囲気の滝を見ることができました。清流が流れているんですが、脇の道を少し登って行くといくつかの滝を順番に見ていくことができます。なんか看板に、その滝はブログアクセスナンバーワンだかなんだかそんなようなことが書いてあったのだけど、どゆこと(そうなの?)

権現滝

ま、いいや。最初の滝。権現滝。たぶん。小さな滝ですが、なんかイイ。わかりますか?なんかイイの。

権現双子滝

続いてさらに少し川上にあるのが、権現双子滝。たぶん。すらっと二つの滝が並んでるんです。

隠れ権現滝

さらにさらに川上にのぼったところにあるのが、隠れ権現滝。たぶんね。岩陰にちょっと隠れているからこの名前なんでしょうか。

清流とミツマタ

川沿いにちょっと目立つ植物。木の枝に白いものがポツポツとついてます。この木はたぶんミツマタだと思います。和紙の原料になるやつですね。どこの枝も3つに分かれてるんですよ。だからミツマタ。

ミツマタのつぼみ?

白いのは…これは、花が咲く前、なんでしょうか。。ふむ。

韓竃神社へ参ったついでに清流沿いを散策したりなんかして、ちょっとした山歩き気分に浸れました。マイナスイオンをたっぷり浴びることができた気がします。北山みたいな身近なイメージのところにも(身近だと思いつつもあんまり普段近寄らないもんなぁ)こんなにも自然を感じることができる場所があるとはちょっと新鮮な発見ですね。心身ともにリフレッシュの日になりました。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

10Key Culculator

すっごくテンキーな計算機。欲しいなあ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP