きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

出雲北山・鼻高山に登ったよ

Posted on | 2013年 3月 13日 | Permalink

土曜日、ちょっとした山登りを楽しんできました。登る山は出雲市民には馴染みの深い北山山系は鼻高山(はなたかせん)。出雲北山では一番高い536メートル。

北山と言えば出雲の北を象徴する確固たるランドマーク。ほとんどまっ平らな出雲平野から突如としてせり上がる山肌。松枯れで茶色が目立ってはきているが、巨大な怪物の背のようにも見え、なめらかに連なる山塊。よくよく考えると異様にも思えるその山の塊は、神話の時代に本当に海の向こうから引っ張ってきたんではあるまいかとロマンに想いを馳せてしまう。はぁ・・・ふつくしい・・・。一際高くそびえる鼻高山・・・凛々しい・・。北山が好きなのです。そんな北山にずっと登りたかった(厳密に言うと幼い頃に登ったことがあるけどほとんど記憶なし)

出雲北山
とある日の夕暮れの出雲北山。真ん中やや右寄りの一番高く見える部分が鼻高山です(クリックで拡大)。ふつくしい・・・

前置きが若干しつこくなってしまいました。すみません。。

登山の日は雲ひとつない天候に恵まれましたが、黄砂現象がひどく視界がかなり霞んでいました。花粉やPM2.5のこともあるし一瞬登山を躊躇いましたがそれでも決行。

ルートは、以前に下見に来ていた天王山キャンプ場付近の登山口から登るルートです。登山口付近には来坂神社という神社があり、ここ、中学の頃、何度か部活のロードワークで上ったことがある場所です。じつはこの地点ですでに景色が良かったりする。すでに標高が高いのです。散々うんちくたれたわりにはちょっとズルい。

登山口付近の登山道
天王山コース登山口のスタートはやや薄暗い竹やぶから始まる。

第一鹿ゲート
しばらく行くと第一鹿ゲート。と言っても、鹿が通るためのゲートではないです。鹿が里へ降りてくるのを防ぐための柵が施してあり、そこを人間が通過するための出入り口になってるんですね。サルカンや針金などで数箇所固定してあるので一旦外して奥へ。通ったらまた塞いでおくのがマナー。こういった鹿ゲートがルート中に全部で3ヶ所ありました。

登山道の途中
登山道を登る登る。もくもくと。

松ぼっくり的な何か
木の実?種?自然とのふれあいが楽しい。

登山道の倒木
倒木が登山道の行く手を阻んでいるところも。乗り越えてどんどん登る。

月廻り峠の標識
月廻り峠(つきまわりとうげ)。ここまで来れば鼻高山山頂まであと15分。稜線に出て視界が明るい。

月廻り峠で小休止
月廻り峠で小休止。ケータイの電波るんですね。

松葉の絨毯
このあたりは落葉した松葉の絨毯になってて赤褐色の風景。

青空
青空。天気は最高。

山頂付近
いよいよ、山頂へ。

鼻高山山頂
鼻高山山頂に到着。来ましたね、ついに。さて、ここから見える景色は・・・

山頂から南側の景色
山頂から南側を望む。うわぁ・・・やっぱり黄砂がひどい。かすかに出雲ドームが見える。

山頂から東側の景色
東の方。こっちも霞んでわかりにくいけど斐伊川が見えますね。

山頂から北側の景色
北の景色。十六島の方です。日本海がぼんやり見えます。風車群も点々と見えますね。

山頂から西側の景色
西。出雲平野から見たら、北山って一山越えたらすぐ海っていうイメージだったけど、まあまあ厚いんだな・・・

さて、黄砂のせいで山頂からの風景は少々期待はずれでしたが、まだ楽しみは残っています。この時点で午前11時半頃。そう、山頂でのお昼ごはん。

おにぎり
山頂で食べるために持ってきたおにぎり。なんと竹皮で包んであるという凝りよう。テンション上がります。手前からしゃけ、ぶたみそ、シーチキン、うめ。嗚呼、うまい。

そうそう、今回はちゃんとバーナーを持ってきました。で、湯を沸かしてインスタントだけどカップの豚汁を食べましたよ。

食後のチャイ
そして、食後にはチャイ。なぜか、チャイ。

自然の中で、しかも出雲平野を見下ろす山の上で食事できるなんて何か贅沢な気分を感じてしまいますね。1時間くらいで登れちゃうそれほど高くはない山ですが、それでもある程度の苦労を伴って得られる満足感。心地良い疲労感。これです。これなんです。

山頂では意外にもたくさんの人と出会いました。グループで登ってる人たち、縦走の途中の人たち、トレイルランしに来てる人。北山って結構たくさんの方が登ってるんですね。人知れず登ってる。知らなかったのは僕くらいですか?意外と山好きの人は北山登るのかな。下から見上げてても誰も登ってる気配しないしな(そりゃそうだ)。見渡せる景色は良い山ですもんね。そのわりにすごく身近にある。アツいな。やっぱりアツい北山。

また何回でも登りたいと思ったんですが、これから先の季節、あんまり登らないほうがいいみたいですね。なんでも鹿の個体数が増えててその影響か、ツツガムシっていうのが結構発生するらしいのです。ダニみたいなやつだと思うんだけど、ツツガムシに噛まれると熱出たりわりと大変なことになるらしいので要注意です。

日の射す登山道
さてさて、満足したところで下山。

登山道にも春の気配
春っぽい何かが芽吹いてきていましたよ。

きのこ
倒木にはきのこ。

橋
沢を渡ったらまもなく登山口。下界に戻ってきた感じがします。

靴底がはがれた
下山途中にまさかのハプニング。トレッキングシューズの底が剥がれた・・・。十数年前に購入したものだしなぁ。道具の点検・メンテナンスは怠ってはいけませんね。。こんなでも意外と歩けたので無事下山。

鼻高山とても楽しかったです。出雲北山、他の峰も登ってみたいですね。でもツツガムシが怖いから次は他の山かな。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

emo desk

無骨で渋めだけど木目のあたたかみがあっていいなあ。こいつは男の書斎用。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP