きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

新緑の船通山に登ったよ

Posted on | 2013年 5月 8日 | Permalink

ゴールデンウィークに奥出雲の船通山に登ってきました。この時期は新緑がきれいですよね。それに加えて船通山では毎年ゴールデンウィーク頃に山頂でカタクリの花が見られるということを聞き、今回初めて船通山登山に挑戦です。

船通山登山口付近

登山道付近。自宅を出た時間帯はポツポツ程度の雨が時折落ちていたので心配していましたが、船通山についた頃には雨の気配は去り、曇天ではあるけれど空も明るい状態でした。さあ、登るよー。

斐伊川源流

清流

船通山登山道、鳥上滝コースは登山道脇に斐伊川の源流が流れています。この小さな川が太くなりあの斐伊川の流れとなって宍道湖、中海、そして日本海へ流れ出るのですね。

清冽なせせらぎ

水がきれい

水が感動的にきれい。魚いないかな。

川を渡る

登山道と川は寄り添うように続いているのですが、時折交差していて浅瀬を渡らないといけないポイントがあります。これがまた楽しい。登山中はこの川のせせらぎに癒されながら歩くのでとても気分がいいです。

鳥上滝

登山中、突如現れる鳥上滝。そんなに大きくはないですが、登山の苦しさをちょっと紛らわせてくれる力がありそうですね。このへんにヤマタノオロチが住んでいたのかも。

石割りケヤキ

鳥上滝のすぐ近くにあるこれは石割りケヤキと呼ばれています。すごい生命力だったんでしょうね。

湧き水

途中、登山道脇に湧き水がありました。コップが置いてあったので一杯汲んで飲み干す。山から湧き出た冷たい水はこれまでの疲れを吹き飛ばしてくれます。

霧

1時間くらい歩いたでしょうか。山頂にもかなり近づいている頃、徐々に霧が出はじめました。

船通山山頂付近

山頂かなり近い!ほぼ平らなところへ出ました。木の板を敷かれた歩道で歩きやすい。しかし霧がさらに濃くなってきた。

船通山山頂の碑

そしてついに船通山山頂へ到着!出雲神話ではこの山はスサノオがヤマタノオロチを退治した舞台とされていますが、ヤマタノオロチの尻尾から出てきたという天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)をかたどった巨大な碑が立っていました。

登山客

山頂はかなりガスってましたが、ゴールデンウィークということもあり登山客は結構な人数いらっしゃいました。景色はほとんど真っ白なので、こちらの方たちは花を見ながらお弁当を食べておられるようですね。

カタクリの花

皆さんが見ておられる花、そう、カタクリです。船通山山頂付近にはこのカタクリが群生しています。ピンク色のかわいらしい花が可憐です。僕ははじめて見ました。

弁当

お弁当タイム。お湯を沸かしてカップ豚汁も作りました。景色あんまり見えないけど、山で食べるごはんは最高ですね。

船通山山頂風景

ちょっと霧が途切れてきた。遠くの景色も少し見えはじめる。あ、山頂って結構広いですね。

うっすら大山

はっきりとは見えませんが、遠くにうっすらと大山の山影も垣間見ることができました。ラッキー。

山頂には小一時間くらいいたかな。わりと気温が低いようでじっとしていると寒かったです。ってことで下山。

登山犬

登山中に何度かすれ違ったんですが、犬も登山をするんですね!びっくり!元気だなー。

雨が降りだした

下山途中、ついに雨が降りだした。。がっつり上下のカッパも安心ですが、百均で売ってるようなポンチョって急な雨をしのぐ程度にはちょうどいいですね。あと、意外と傘もさっと使えるので便利。

船通山登山道

雨、すぐに上がりました。

緑

雨上がりは緑がよけいに際立つような気がします。

石畳の登山道

しっとり石畳の道。本当に雰囲気がいい。

無事、登山口まで下りてくることができました。上り下りとも片道は1時間半くらいかな。下りは速そうなイメージだけど、ぬかるんだ道を滑らないように気を遣ってるとそれなりに時間掛かりますよね。

新緑の時期の船通山登山、とても良かったです。緑がきれいだし、カタクリの花はかわいい。なにより、川のせせらぎを聞きながらの登山はいいものだなぁと思いました。変化に富んだ山歩きが出来てとても気分転換になりますよ。

帰りに登山口からほど近い斐乃上温泉に寄りました。登山後に立ち寄る人も多いようですね。湯が少しトロトロしてるのが特徴です。まさか…カタクリ粉…(違)

で、その後、仁多の亀嵩駅まで行ってそばを食べましたよ。亀嵩駅の中にある扇屋というそば屋さんです。まわりでは評判が良くて今回はじめて訪れてみました。

亀嵩駅のそば

割子そば。山登り後の三段なんてぺろりです。おいしかったです。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

isola

これはお刺身を食べるのに最適。ほかにも工夫次第で。ぐふふ。デザインと機能を兼ね備えてるなー。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP