きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

写真展「ぼくらの見えた世界」に寄せて

Posted on | 2013年 12月 16日 | Permalink

写真展フライヤー

12月13日から15日にグループ写真展を開催させていただきました。仲の良い写真友達と3人での共同開催ですが、自分にとってはほとんど初めてと言っていい写真展開催になります。そんなだから、慣れてる他の二人にいろいろ動いてもらったり、助けてもらったりでかなりお世話になりました。何をしていいのかわからないながらも、開催日が近づくたびに高まるドキドキワクワク。

写真展のタイトル「ぼくらの見えた世界」の名の通り、三者三様の世界観がそれぞれに表現できたのではないかなと思います。3人みんな見る世界も、表現の仕方も違う。ほんとおもしろい。

で、僕の展示ですが、ケータイ(iPhone5)で撮影したものをプリントして展示させてもらいました。個人としてのタイトルは「ちいさいひかり」です。

一眼レフとかそれなりにちゃんとしたカメラ持ってるけど、何気に一番よく使うカメラって僕にとってケータイカメラだったりするわけです。いつでもどこでも持ってて、撮影に至るまでの障壁も限りなく低い。そんなカメラだからこそ見えてくる世界があるのではないか、というのが今回の展示の趣旨です。

まあでも、ケータイカメラの写真なんかでいいんだろうか、なんて、正直そんな気持ちもあります(笑)それでもやっぱり、僕の目線に一番近いものをあらわしてくれそうなのがケータイカメラなんですね。

ケータイを通して、僕の身のまわりを流れる時間から拾い集めたちいさいひかりたち。プリントはちょっと小さめのサイズですが、見る人にぼんやりでも何かを感じてもらえていたら幸いです。

期間中にはたくさんの人に来ていただけて本当にうれしかったです。やっぱり写真は、ちゃんとプリントして、そして見てもらい、感想や意見を聞いて話したり、ってことが大切ですね。そういうことが楽しいということにも気付けました。

今回見に来てくださった方々、そして、写真展に誘ってくれて、開催に向けて準備を進めてくれた友達2人に感謝します。ありがとうございました。

フライヤーと花

展示01

展示02

展示03

準備

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Bankers Box

これは鉄板!定番中の定番。整理整頓のお供に。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP