きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

iPhone5のバックカメラを交換

Posted on | 2014年 8月 16日 | Permalink

うわぁ・・・すっごいひさしぶりのブログ更新です・・・こんにちは。

さて、ひさしぶりの投稿はiPhoneについてです。仕事やプライベートのメモ的撮影からInstagramへの投稿まで普段のちょっとしたカメラとして愛用しているiPhone5なんですが、じつはここ半年以上、レンズに付着したゴミに悩まされていました。

まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ

と、余裕を見せたいところでしたが、これが写真撮る際には結構なストレス。自然に取れたりしないかな?なんて気楽に考えてたんですが一向に取れる気配がなく。。

画面の中でもかなりお邪魔な位置にあるのがなおさらツラい。下の写真の中央右寄りのところにある黒い点がゴミ。ぢゃま。

iPhone5交換用バックカメラと分解ツール。そしてゴミ。

…お分かりいただけただろうか。で、ついに重い腰を上げiPhone分解してカメラ交換を実施。事前に手に入れておいた交換用iPhone5バックカメラとiPhone分解するためのツール類をデスクに並べ、いざ。

さすがになんの知識もなくiPhoneを開くわけにもいかないので、今回は以下の記事を参考にさせていただきました。これ見ながらだと、うん、なんとかいけそうな気がする(ゴクリ)

分解工房・iPhone5/バックカメラ交換修理方法

Lightningコネクタの横にある星形の溝の細いネジを2本はずし、液晶画面を吸盤で引っ張って開腹。ドキドキ。

iPhone5開腹

ぱかりと開けたiPhoneの内部。さすがはApple製品、細部まで神が宿るようなふつくしさ。こんな薄っぺらい筐体によくもこんなに無駄なく詰め込んだもんだ。

そして、さらに手順に沿って小さなネジを1本ずつ回し、慎重にコネクタや部品をひとつずつはずしてゆく。iPhoneがみるみる僕の知らない姿に変わっていく。。バックカメラを取り外すに至るまで、かなりいろんなパーツを取らないといけないんですね。もう後には戻れないところまできた。へんな汗出るし、これ、おれ、ほんと、やれる…のか・・・・・

分解iPhone5

ネジや小さなパーツははずした順番にわかりやすく並べておきました。前に写真展の時に使った貼れパネの切れ端。粘着質だからネジが転がってどっかいくことはまずないです。

はずしたネジやパーツ

今回の交換対象、バックカメラの場所までなんとか辿り着き、注意を払いながら新しいものと交換。ふぅ。

そして息つく間もなく今度はここから先ほどとは逆の順にさかのぼって組み立てていくわけですが、予想はしてたけどこちらの方が難易度が高い。。慣れない作業に冷や汗かきながら一生懸命組み立てる。気合いだ。直さなきゃ電話出れないぞ。。

iPhoneはなんとか元通りに。横に置いてるのが摘出した問題のゴミ付着カメラ。

なんとか元通りになったiPnone5とゴミ付着カメラ

SIMカードを挿して電源ON。あれ、なんか電波を拾わない。。焦る。。アンテナ端子の接続が甘かったかな、などとも心配したけど、機内モードのON/OFFで直りました。

そしておもむろにカメラを起動。モニタを確認。やった!ゴミのないきれいな状態が復活です!めでたしめでたし。これでやっとストレスのないiPhoneカメラライフを再開することができます。

なんせ、これまでは黒く潰れるシャドウ部分に合わせてわざとゴミを紛らわせて撮影したり、ゴミが画面からはずれるよう写真をトリミングしたりと、それはもう涙ぐましいムダな努力をしていたのです。そんな苦労からやっと開放されるー。

本当は近々リリースされるのではないかと噂のiPhone6が出たら買い換えようかなあとも考えてましたが、いやいや僕はまだ5を使い続けますよ。

ケースなし、液晶保護パネルなしの素っ裸で使ってる僕のiPhone5は、フチの部分がへこみと傷だらけになり、カッコよさが溢れ出てどうしようもなくなってきております。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0マグカップ

フツウよりちょっといいフツウなんですよ。きっちり2本指が入るんですから。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP