きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

六月は紫陽花

Posted on | 2015年 6月 30日 | Permalink

6月。雨の季節だ。この頃は雨や曇りの日が多い。そして6月と言えばやはりあじさいかな。今年も松江の月照寺にあじさいを見に行ってきた。

写真 2015-06-30 1 31 50

写真 2015-06-30 1 31 53

写真 2015-06-30 1 31 51

写真 2015-06-30 1 31 52

写真 2015-06-30 1 31 49

写真 2015-06-30 1 31 54

写真 2015-06-30 1 31 56

写真 2015-06-30 1 31 58

写真 2015-06-30 1 31 59

写真 2015-06-30 1 32 00

写真 2015-06-30 1 32 01

写真 2015-06-30 1 32 04

写真 2015-06-30 1 32 07

写真 2015-06-30 1 32 09

写真 2015-06-30 1 32 11

写真 2015-06-30 1 32 12

写真 2015-06-30 1 32 13

写真 2015-06-30 1 32 14

写真 2015-06-30 1 32 15

写真 2015-06-30 1 32 17

写真 2015-06-30 1 32 18

写真 2015-06-30 1 32 19

写真 2015-06-30 1 32 21

写真 2015-06-30 1 32 20

あじさいは雨にこそ似合うと思っているのだけれど、太陽の光に鮮やかに映える花びらもいい。同じような色でいて、少しずつニュアンスの違う色。たくさんのあじさいがこの季節を待ちわびていたように咲き誇っていた。

あ、そうそう、6月と言えばもうひとつ。ホタルなんだけど、こちらも何度か見に行った。ちょっとだけ写真を撮ったけどなかなか思うようには撮れないものだ。時間がある時に気が向いたらまた別記事にでも載せようかな。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “六月は紫陽花”

  1. Hiroto
    2015年 6月 30日 @ 22:00

    月照寺の紫陽花はイイですよね。
    今年は忙しくて撮りに行けませんでした。

    ホタルの写真、待ってますよ!
    僕も何度か挑戦しました〜
    そろそろヒメホタルを狙いに遠征です。

  2. taca
    2015年 6月 30日 @ 23:56

    Hirotoさん、ありがとうございます。
    月照寺は近年この時期にだいたい行ってますね。
    来年はぜひいい写真を見せてください!

    ヒメボタル行かれますか?そろそろですね。私も去年はじめて広島県の口和まで撮りに出掛けました。Hirotoさんはどちらまで?あ、企業秘密でしょうか…(^^;)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

アカシアボウル

ナチュラルで、あと、この角丸な感じがたまりません。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP