きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

2016夏の旅・隠岐へ(2日目)

Posted on | 2016年 7月 12日 | Permalink

隠岐2日目。子が4時半くらいに起きて壮絶に眠い。仕方あるまい。

7時半頃からホテルを出て近くの喫茶店でモーニングを食べ、ついでにフェリーターミナルをのぞいてお土産の下調べ。

1F1A3164

ホテルから西郷の街並みを見下ろす。

9時半頃ホテルをチェックアウトし、義姉家族との待ち合わせ場所へ向かう。待ち合わせはウェルネス。隠岐にもウェルネスあるんだなと、ちょっと感動。ウェルネスあれば何かと便利で心強いだろうね。コンビニはないらしいけど。

待ち合わせのウェルネスで飲み物などを購入。隠岐は西郷から離れるとお店も少なく、自販機すらあまり見かけない。最初に準備しておくのが正解らしい。

準備を整えて最初に向かったのはウェルネスのすぐそばにある玉若酢神社。

1F1A3171

1F1A3178

手水で手を洗い境内へ。龍の口から水が出てきてカッコいい。

1F1A3197

1F1A3199

玉若酢神社にも大きな杉の木がある。八百杉という名前がついているらしい。昨夜食事したお店はこの木の名前が由来なのか。

1F1A3202

1F1A3205

1F1A3212

これまた、相当に巨大。

1F1A3217

神社に参拝して、次なる目的地へ出発。隠岐の西岸を北上して那久岬というところ。

1F1A3218

昔の灯台が今も残されている。

1F1A3222

昨日に引き続き、今日も海の青、最高かよ。

1F1A3228

1F1A3242

岬の白い灯台が絵になる。灯台のそばには放牧されている牛がいるのも見えた。海の向うには島前の島影。

1F1A3262

1F1A3268

隠岐、最高だな。

そんな隠岐とのお別れの時間が近づいている。なんてったって、今回はたったの1泊2日なのだから。景色最高の那久岬をあとにし、隠岐での最後の食事。

事前に聞いていた話だと、パエリアが食べれるのだとか。まさかの隠岐でパエリア。隠岐でそんな小洒落たものを食べれるなんて夢にも思っていなかった。どんな小洒落たお店なのだろうと期待せずにはいられない。

お店は西郷の街からは少し離れたところにあった。店構えは割烹かお寿司屋さんかというような和風なつくり。座敷席も完全に和風。お店の主人も板前さんっぽい感じの方だった。ただ、メニューは和風なものより断然洋風のものが多く、しかも品数もかなり豊富。ハニートーストとかそんなんまである。なんかすごい。樹という名のお店。

1F1A3278

パエリアが出てきた。これがまた美味しいのなんの。おこげの加減とかもちょうどいい。具材も豊富でいろんな味を楽しめる。

その他のメニューも単品でいくつか注文して分けあって食べたけど、どれもこれも美味しいの。このお店、店主は只者ではないな。

食事を終えると、短い隠岐の旅もそろそろ終わり。レンタカーを返却してフェリーターミナルでお土産を買う。お土産を買う間、義姉夫婦に子の面倒をお任せする。何から何まで本当にありがたい。お世話になった義姉家族に別れを告げてフェリーに乗り込む。また来年あたり本当に来れたらいいなあ。次回は島前で。

1F1A3283

1F1A3306

1F1A3315

1F1A3319

1F1A3321

1F1A3341

旅の1日目の記事はこちら。2016夏の旅・隠岐へ(1日目)

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Das Holz バターケース

無垢材のバターケース。絶対パンがうまい。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP