きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

子連れ初キャンプ

Posted on | 2017年 9月 26日 | Permalink

1年とちょっと間があいてしまっていたこのブログ。本当に忘れた頃に人知れず更新をしたいと思う。

今、子が1歳11ヶ月。間もなく2歳を迎える今日この頃、ずっと行きたいと思っていた子連れキャンプを決行した。子連れでいきなり泊りがけはさすがに厳しいかなと思い、まず最初はお試し的にデイキャンプ。それでも心配ではあったのだけれど。

お試しなので、近場も近場、出雲市街を見下ろす北山の中腹、天王山キャンプ場。ここは無料で利用できるのだけれど、高浜コミュニティセンターに事前に申請する必要がある。こじんまりしているけれど、眺めもいいし、きれいで使いやすい設備がほどほどに整っている、穴場的なキャンプ場である。

思えば、昔は友達となんでもない海岸のいっかくなんかでよくキャンプをしたりした。幼少の頃には家族でもよくキャンプに出掛けた。たいていキャンプ場なんて使わなかった。キャンプ場自体、今ほどなかったような気がするし、そこらへんでキャンプしてもあまり咎められないような時代だったんじゃないかなあ。あの頃の楽しかった記憶。今度は妻や子供も連れて楽しめたらいいなとずっと考えていた。

そんな子連れキャンプなんだけど、結論から言うと、一応は成功。なんとか楽しくキャンプらしく楽しめた。頑張ればなんとかなるものだ。そう、頑張れば。自分、かなり頑張った。。

というのも、子が幼すぎるために目が離せない状態なのである。大人1人がつきっきりで見ていなければならない。必然的に妻が子守、自分がその他すべての作業を担当。テント、タープの設営、BBQ準備、食事後の片付けから、最後の撤収作業。覚悟はしていたのだけれど、正直、だいぶ疲れた。。

しかしまあ、個人的には久しぶりのキャンプ。しかも、息子はもちろん、妻も生まれて初めてのキャンプだったという。泊まりはないけれど、自然の中で食事したり、遊んだり、テントに入って寝転んでみたり、それはそれは楽しい時間を親子で過ごすことができた。

この日のために少しずついろいろとキャンプ道具も買い揃えてきていた。先日購入したばかりのテントはとくに思い入れがあるというか、一目惚れで購入を決めてしまった代物だ。ノルウェーのbergansというブランドの製品でWiglo LT4というテント。赤と緑で迷ったが、最後は赤に決めた。森の緑や、夜の闇に映えるのではないかと思って。テント周囲を囲む3本のポール、真ん中に1本のメインポールで、ちょうど玉ねぎみたいなとんがり頭のかわいらしい形になる。タープとの組み合わせもあり、思い描いていたカッコいいサイトが出来上がった。ただし、今のところ、テントのみ豪華一点主義的存在で、その他の道具はまだしょぼい。あしからず。

今回のキャンプはなかなかに体力を消耗する体験だったけど、あまりにも気分が盛り上がりすぎて、撤収前のコーヒータイムに来月のキャンプ計画を立案、思わずキャンプ場の予約電話まで済ませてしまった。次はいよいよ1泊キャンプだ。今回のデイキャンプ以上に、ワクワク、ソワソワしてしまう。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

schleich Polar Bear

シロクマさんを机の上で飼っちゃおう。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP