きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

思い出ぽろり

Posted on | 2007年 1月 11日 | Permalink

【日記】
(1)日々の出来事や感想などを一日ごとに日付を添えて、当日またはそれに近い時点で記した記録。古くは「御堂関白記」「玉葉」「明月記」などが著名だが、職掌上交替で書き継がれた「御湯殿上日記」などもある。日誌。にき。
(2)「日記帳」の略。
——————————————————————

押し入れを整理していたら、大学時代のテキストやファイルやらに混じって、当時一時期だけつけていたらしい日記が出て来ました。日記をつけていたなんてあんまり記憶にないけど、内容を見てみると確かに私の日記。日々の出来事や感情なんかが綴られています。バイトやら学校の授業がどうだとか…。どうやら大学2年の冬から3年の夏くらいまでのことらしいけど、読んでいて笑ってしまいます(笑)懐かしいなあというのも大きいですが、当時の自分、精神年齢低っ!(爆)こんなの人に見られたら恥ずかしいので捨ててしまおうか、それともやっぱりコッソリとっておこうか考え中。

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

4 コメント - “思い出ぽろり”

  1. D寅
    2007年 1月 12日 @ 00:09

    とっとくべし!!
    小生も、就活時代?とびとびで数年間、一言集みたいなんを書きよった時期がある(笑)。
    引越しよって出てきて、やっぱり笑うたけど、なんか嬉しくもあった。
    第一筆は..
    『なにかに上手くなるには、
    なにかに気付くことだ。』
    やったです。
    (よー覚えとるわいw)
    それもそのはず、それが頭に浮かんだ時は、なんか悟りを開いたんかと錯覚した(爆)。
    オークビレッジっちゅう岐阜の建築工芸の会社に泊まり込みで入社試験受けよる時じゃった。
    懐かしいのぉ..
    なんか後で気付くこともあーけん、とっときんさい♪

  2. TAKA
    2007年 1月 12日 @ 00:19

    とっておいた方がいいのでしょうか…。
    私の場合ほんとにくだらないことだらけですよ(涙)
    D寅さんは、当時からいいこと言ってますね。
    目からウロコです。

  3. じょ?に?
    2007年 1月 12日 @ 12:29

    当然保管でっ!!!
    ワシも二十歳前後の日記をたまに読み返しておりますが、日記の内容が一向に向上しておりません(爆)
    当時のレベルが低いと思えるのであれば、それはTAKA殿が確実に成長しているからだと思うぜよ☆
    一向にレベルが上がらないワシは、いつになったらアリアハンから出られるのだろうか。。。

  4. TAKA
    2007年 1月 12日 @ 14:52

    昔の日記が陳腐に見えるってことは、
    少しは成長しているってことなのかなあ…。
    それでも私もまだロマリアぐらいだと思います(笑)
    ともにレベルを上げよう!

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

YUEN'TO

をぉぉっ!これはたまげた。なかなか洒落てるねぇ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP