きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

社長の頭脳

Posted on | 2007年 4月 3日 | Permalink

【社長】
会社の長。会社業務の最高執行者で、会社代表の権限をもつ。
——————————————————————

先日、同業で親しくさせていただいている方たちとお話する機会がありました。一人は私と同じで個人、もう一人は有限会社の社長です。いろんな話題があったのですが、私がとくに勉強になったのは有限会社の社長のお話。我々個人事業主とはまた違う生き物かも知れません(笑)。小さな会社ですが数人のスタッフを抱えておられるわけですから、彼らに給料を渡さなければなりません。普通に考えてもここから経費のかかり方が全然違ってきます。ですから仕事に対して非常にシビアな考え方をお持ちなのです。個人一人だけというのとは、かかる重圧が違います。事業の方向性、手段、収益の計算、スタッフのマネジメント、そして自らの、こうなりたいというビジョンも見えている。考え方は非常にシビア。ですが、自社スタッフへの愛情もあります。まず考えるのが社員へ支払う給料のこと。男です。いや漢(オトコ)です!カッコいい!私も十分に稼げるようになって、人に仕事を振れるほどの人物になれたとしたら、ぜひともこんな人になりたいものですね。まずは自分がしっかり食ってくだけのことについてマネジメントしなければな(汗)。

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

3 コメント - “社長の頭脳”

  1. 神釜ちゃん
    2007年 4月 4日 @ 21:58

    事業の方向性、手段、収益の計算、スタッフのマネジメント
    。確かに重い。さらに問題があった時、従業員が原因でも
    最後の責任、全ての責任は自分でとらなくちゃならない事を
    常に意識しながら仕事を進めなくてはならない。所長と共に
    今の職場を立ち上げたので、トップに立つ人の苦労はよくわ
    かるよ。トップに立つような人は、いつもさりげなくしてる
    ので苦労してるように見せないけど、確かにすごい重圧だよ
    ね。"漢"を目指すぞ?!ファイトォォォ!

  2. TAKA
    2007年 4月 4日 @ 22:06

    >神釜ちゃん
    社長の頭の中を垣間みた瞬間でした。
    神釜ちゃんもなかなかにすごい経験をお持ちですね。
    自分もまだまだペーペーの事業主ですが
    これから漢を目指さなければなりません!

  3. Refrigerator
    2007年 5月 1日 @ 10:45

    株式会社ありがとう パソコンサポート会員

    リスト取りぺーじってどういう仕組みで、アドレスを収集することができるのですか?集めたアドレスに対してメール配信をしたいのですがどうやってしているのですか?ドメインとサーバーの取得方法がわかりません。ファイルに名前をつけて保存ってどうやってやるですか?

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

サイバークリーン

これはクセになるでしょ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP