きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ドロップシッピング的ビジネスモデル

Posted on | 2007年 5月 2日 | Permalink

【ITC:ITコーディネータ】
ITコーディネータとは、ITと企業経営両方の知識を持ち、経営者の経営戦略を実現するIT化支援サービスを行う専門家、もしくはその資格名のこと。ITCと略す。
——————————————————————

最近お仕事でITCをされている方(正式にはこれから?)とお会いする機会が増えたのですが、その方と今後共同してドロップシッピング的な感じでクライアントのお手伝いをしていこうと取り組んでいます。このことについては以前にここでもちょっと触れていましたので割愛(過去の記事:ドロップシッピングという方法)。昨日は初めてクライアントと顔合わせ。三者でいろいろお話をしたのですが、商売(会社経営)にまつわることならやはりITCという存在は頼りになりそう!このビジネスの提案者ですしね。とりあえず今月いっぱいはテスト運用みたいな感じでぼちぼちにスタートということになりました。

いわゆるドロップシッピングとは違うのでしょうが、おおまかな内容はネットショップの運用(サイトの更新、商品追加)はこちらサイドで行い、注文メールを受注したらそれをお店サイドへ連絡、お店から商品を発送してもらう、みたいな流れです。そしてサイトの運用、受注の代行作業に対してのこちらサイドへの報酬は、売れた商品の価格の何%というふうに決めています。要するに、クライアントからいただく報酬は、成果に対する報酬のみということですね。これは正直言ってシビアです。業種や条件によっては儲けにならない可能性も大アリ!でもとにかく実験してみたいというのが今回の目的でもあります。

これまでは、更新作業、代行作業に対して絶対的にこれだけ料金いただきます、といった体系が主流だと思うのですが、もしかしたら今後はこういうのが業界のスタンダードになっていく可能性もありますね。

関連する(かもしれない)記事

    Not Found

コメント

2 コメント - “ドロップシッピング的ビジネスモデル”

  1. D寅
    2007年 5月 5日 @ 19:50

    食品系はOK?
    で、サイトはどこ?

  2. TAKA
    2007年 5月 6日 @ 18:56

    >D寅さん
    今回、実験的にドロップシッピングするところは
    一応食品系ということになるかな…。
    まだ準備中ということもあり、
    ここではまだ載せれません、あしからずm(_ _)m

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

FORESTA

こんな時計あったらちょっとうっとりしちゃうなあ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP