きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

部屋のコーディネート

Posted on | 2007年 10月 15日 | Permalink

【インテリア】
建築物・部屋の内部空間。室内装飾。室内調度品。
——————————————————————

居心地の良い部屋が出来てきました。少しずつ生活している感が出てたんですが、ここで改めて居間のコーディネート。こだわりが強いだけなのか、ある種職業病なのか、コーディネートというと、気分的にはこんな感じ

なんちゃってフローリング化したことですし、居間にはソファとか置いてみたいなあと考えていたのですが、結局は座イス的なものを置くことにしました。いろいろリサーチを重ねた結果、私の好きな無印良品モノをチョイス。

で、その無印の座イス…というか、こいつが結構、なかなかどうして、ちょっとしたソファーくらいありそうな勢いのシロモノなのでした。その名も「クッションで、できたソファ」。6つのブロックにフカフカクッションがそのまんま入っており、なんとブロックのすべての境でリクライニング調節できる優れモノ!いろんな格好になるので、その時々、好きな体勢に対応してくれるというお利口さんなのです。これ買って良かったかも。

—————————————————————-
座イススタイルの部屋の出来上がり。
ソファーも捨てがたかったけど、こちらもなかなか。

座イススタイル

関連する(かもしれない)記事

    Not Found


コメント

3 コメント - “部屋のコーディネート”

  1. じょ?に?
    2007年 10月 16日 @ 00:03

    その座椅子ソファー(笑)はワシも買おうと思って松江まで行ってみたけど、なかなか面白いやつだよね!
    残念ながらワシの部屋におくにはちと大きかったので断念した訳だけど。。。それが余裕で置ける部屋があるってええな☆
    …友人知人にソファーを買うかどうするかアンケートを取った結果、圧倒的にソファーは必要無しとの結果を得ました。
    日本人はアグラして座ったが一番落ち着くんかな。

  2. TACA
    2007年 10月 16日 @ 00:31

    >じょ?に?
    おお、じょ?に?も目を付けていたのだね(笑)
    この座イスみたいなソファーみたいなの、なかなか良いものだよ!
    中身を全部出して、カバーは洗えちゃうみたいだし、
    ほんと無印良品はかゆいところに手が届く
    良品を世に送り出してくれます(まわしモンじゃあ、ございません)。
    じつは自分の部屋にソファー、ってのは憧れていたんだけどね。
    日本人にはやっぱり似合わないのかな…。
    がっくし…。

  3. 抑えておきたい座椅子ソファーの基礎知識とコーデ法 | 家具ノート
    2014年 4月 14日 @ 19:00

    […] 出典:部屋のコーディネート […]

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

box fan

クーラー温度高め設定、あとはこれで空気を撹拌。電気代安上がりだね。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP